スポンサーリンク

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song 感想・レビュー (ネタバレあり)

劇場版fate/stay night [Heaven's Feel] アニメ・映画レビュー
ダルク
ダルク

映画、fate/stay night Heaven’s Feel
最終章を観てきたので、
感想を述べたいと思います

結論:最高だった。これこそfateの集大成、ファンが15年間望んだもの

私は最終章を観終わったとき、

ダルク
ダルク

あぁ、この時を10年待った…
fateに出会えてよかった(T_T)

そう思いました

そのくらい、fateは私にとって特別な作品であり、
劇場版は素晴らしい出来でした

前置きが長くなりましたが、
映画の感想・レビューに入っていきたいと思います

原作未プレイの方は少し入りが難しいかもしれませんので、
下記記事を読んで映画を観ると、わかりやすいと思います↓

ストーリーの見どころ:「Heaven’s Feel」そして、「stay night」の終着点

本編は、原作では3つあるルートの最終ルート、
Heaven’s Feel いわゆる桜ルートの最終章であり、

fate(セイバールート)、Unlimited Blade Worksに連なる、
stay nightの集大成と言える作品です

古参のファンの私は感慨深かったですね(T_T)

この第三のルート、Heaven’s Feelは、
これまでのルートとは決定的に毛色が異なり、
全ての謎や背景、そして「答え」が明らかになるルートでもあります

以下、ストーリー目線での見どころをまとめます

兄弟(姉妹)としての在り方

イリヤ

本作品の見どころ一つが、
兄弟(姉妹)としての在り方です

衛宮士郎とイリヤスフィール、
遠坂凛と間桐桜、

この兄弟(姉妹)の絆、あり方が、
とても丁寧に描かれています

幼少期に、間桐の家に出された妹に引け目を感じながらも、
魔術師としてのけじめをつけようと決意に揺れる遠坂

常に光の世界で生きていた姉に、嫉妬に近い感情を抱きながらも、
どこか救いと愛情を求めている桜

裏切り者の父の養子で、唯一の家族でる義兄弟の士郎に、
どう接していいのかわからないイリヤ

突然現れたイリヤを必死に守ろうとする士郎

互いが互いを思い、複雑な心境の中で悩み苦しみながら、
己の中の「答え」に気が付く…

その葛藤と「答え」に注目してみてください

特に、
ラストの遠坂と桜の戦闘後のシーン、
イリヤが士郎に「生きたいか」を問うシーンは、
打ち震えました

ダルク
ダルク

fate zeroから続く歪んだ関係が、
Heaven’s Feelを経て帰着をみます

衛宮士郎が「正義の味方」から「人間」へ至る物語

衛宮士郎

fate作品を見ている人ならわかると思いますが、
主人公、衛宮士郎は「正義の味方」に憧れていました

他人のために正しいことをする
それが全てであり、自分のことは顧みない

どこか独善的なその在り方は、
歪であり、どこか人間的に致命的に壊れた存在、
それが、これまでの衛宮士郎でした

本作の士郎は、これまでの自分の理想や信念を捻じ曲げ、
「桜の味方になる」と誓っています

それは、彼が一人の男としての選択をしたことになります

それでも、相手のためなら自分自身を顧みなかった彼が、
今作の最後には、明確に死を拒絶し「生きたい」と切望します

愛する者とまた会うために、
たとえ、ほかの誰かが犠牲になるとわかっていても
涙せずには、口にせずにはいられない

そんな弱い人間としての彼が、
最後の最後で垣間見えるのです

ダルク
ダルク

ヘブンズ・フィールは、
間桐桜の救済であるとともに、
衛宮士郎の救済の物語なのです

士郎と相反する信念を持った男 言峰綺礼

衛宮士郎 VS 言峰綺礼 - YouTube

士郎が表の主人公とするなら、
言峰綺礼はある意味、裏の主人公と呼べる存在かもしれません

衛宮士郎が誰かのために、自分を犠牲にしていた
「正義の味方」であるなら、

言峰は他人の不幸や苦悩でしか幸福を感じない、
異端者です

互いに理想とするものは正反対でありながら、
実は壊れた在り方が共通する二人

言峰は何に悩み、何を考え、
聖杯戦争の末に何を望んだのか

その答えをぜひ確かめてください

ダルク
ダルク

言峰はとにかく最悪な趣味趣向だけど、
それゆえの苦悩があった…
私は彼が可哀そうだと思ったね

映像の見どころ:原作の想像を上回る圧巻の映像美はもはや芸術

さて、しんみり話しましたが、
ここからはテンション上げてまいります(/・ω・)/

もう1章、2章でご存じだと思いますが、
映画の映像はもはや芸術の域です

最終章は特に、クライマックスにふさわしく、
戦闘シーンがずば抜けていました

セイバーオルタ VS  ライダー&衛宮士郎

セイバーオルタ

間違いなく

アニメ史上、最高の戦闘シーン

と言ってもいいでしょう(+_+)

圧倒的火力で暴れまわるセイバーを、
トリッキーな搦め手を交えた高速戦闘で翻弄するライダー

目まぐるしい戦闘は圧巻の一言

特にライダーは作中最大の見せ場です

セイバールートでも、凛ルートでも、
あっさり物語から退場していたライダー…

ダルク
ダルク

桜ファンが15年待ったとすれば、
ライダーファンは最終章まで待っていた!!

眼帯を外し、素顔で感情をむき出しにして戦う、
闘志あふれるライダーを観れます(+_+)

ライダー
ダルク
ダルク

ライダーさんかっこいい(+_+)
素敵…

戦闘中、士郎に信頼されていることで、
セイバーにマウントとるライダーさん、マジでカッコいいです

ちょっと動揺してムキになるセイバーさん、
ちょっとかわいかった(*´▽`*)(笑)

最後は、宝具
騎英の手綱:ベルレフォーン が盛大に火を噴きます(+_+)

ダルク
ダルク

この演出はまさに神です!!
私は自分のイメージを凌駕していて、
はえーってなりました(=゚ω゚)ノ

おまけ:イリヤがとにかくカワイイ

ダルク
ダルク

イリヤかわいいよ、イリヤ…

これ冗談ではなく、
1章、2章のヒロインが間桐桜なら、

3章のヒロインはイリヤとライダーです

異論は認める(>_<)

ただ、実はfateは構想段階では、
イリヤルートとライダールートもあったんですよ

製作段階で無くなってしまったのですが、
最後のルート、Heaven’s Feelには、
その分二人のエピソードに焦点が向けられています

ダルク
ダルク

ライダーは少なすぎるけどね
凛ルートが実質、
士郎とエミヤ(アーチャー)のルートであるのと同じ感覚です

イリヤがひたすら可愛く

ライダーはとにかくカッコいいです(*´▽`*)

最後に:fate15年の集大成、ファンが切望した到達点がそこにあった

最後に、まとめます

最高だった!!(2回目)

ダルク
ダルク

fateのファンでよかったと、
心からそう思います

これまで、1章2章は必ず、
公開日に舞台あいさつに行っていましたが、
今回は願いがかないませんでした

コロナで公開も延期になって、
春は過ぎ去り、桜は散った

だがそれがどうした

私はもう10年待っていた

原作の言葉を借りれば、まさに今、
「春が来た」

fateと出会えたことに感謝

この映画に携わったすべての人に感謝したい

この映画で、
stay nightは一つの終着点まで来たのかもしれない

それでもまだ、新たな動きにも期待したい
なぜなら私の原点だから

最後に、fateを愛するすべての同志に、
心からこの言葉を送ります

ダルク
ダルク

喜べ少年、
君の願いはようやく”叶った”

関連記事

関連記事

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました