スポンサーリンク

【自己紹介】見習い錬金術師のダルクです(=゚ω゚)ノ

ダルク プロフィール
ダルク
ダルク

はじめまして、
自称:見習い錬金術師のダルクです

ダルクのプロフィール

どうも、ダルクといいます(*^_^*)
まず私の自己紹介をさせてください

基本情報と経歴

フツーに進学校に通い、地元の国公立の大学の工学部に入学、
大学卒業後は大学院を経て、
現在は大手メーカーに勤めるエンジニアです(+_+)
工法開発の仕事や現場の生産技術のキャリアを積んでいます

職場では典型的なパワハラ上司の元で鬱を発症しましたが、
仕事を通してのやりがいを取り戻して、
現在は元気にバリバリ仕事してます(^_^)v

2020年からブログを本格的に始めました(=゚ω゚)ノ
ブログ自体も初挑戦です

趣味は幅広く何でもやります
スポーツはサッカーとフットサルが得意で、弓道初段(`・ω・´)ゞ
ゲーム、アニメも好きです
fate/stay night とかtype-moon作品はガチです(+_+)

ダルク
ダルク

錬金術師の要素がないとか言っちゃいけない(笑)

見習い錬金術師の肩書について

この見習い錬金術師というのは、
Vtuberデビューしようとしたときに使おうとした肩書です(笑)

結局Vtuberデビューは見送ってしまったのですが、
ブログに採用しました

このブログ自体も、
資産運用投資についても書いていくつもりなので、
錬金術師ならぬ錬金(カネ)術師ということでよろしくお願いします

ダルク
ダルク

いつかYouTubeデビューもしたいな…

ちなみにダルクのこの体はココナラで、
【きゅあたろ。】さんという絵師に書いていただきました
興味のある方はコチラからどうそ↓

このブログについて ~見習い錬金術師の奮闘記~

もともとこのブログは、
資産運用とブログの初心者が、経済的自由を目指すためにつくりました
基本的には雑記ブログとなります
メインカテゴリーは以下のとおりです

  • 雑記
  • ブログ奮闘記
  • 資産運用
  • サラリーマン奮闘記

雑記 …アニメやゲーム、イベントなどの趣味や体験談

基本雑記が中心となります(=゚ω゚)ノ
私が体験した嬉しいことや楽しいことを、
少しでも皆さんと共有出来たら嬉しいです(*^_^*)

スポーツやレジャーなどのアウトドアから、
ゲームやアニメや映画などなどインドアなことも発信していきます
自分と価値観を同じくする友人と出会えたら嬉しい限りです(+_+)

例えばこんなこと書いてます↓(fateはガチ)

ブログ奮闘記 …初心者ブロガーの歩みを書いていく成長日記

これはどちらかというと日記みたいなコンテンツなのですが、
ブログ初心者がブログに初挑戦し悪戦苦闘する日々を記事として残していこうと考えています

ブログに挑戦し、どういうときにどんな経験をして、
そのとき何を思って行動し、
どういう学びを得たのかというのを残しておくことで、
未来の自分にとっての”資産”になると思います

これからブログを始めようとする人や、
ブログを始めたばかりでいろいろ悩んでいる方にとって
同じブログ初心者の実体験を残しておくことで、
少しでもヒントやモチベーションアップに繋がればと思っています(*^^*)
求ム、ブログ仲間(=゚ω゚)ノ

ちなみにこれはブログ初心者がTwitter始めたときの、
あるあるについて書いてます↓

(2021追記)

約一年をかけ、

ついにGoogleからアドセンス収益受け取り達成しました

ダルク
ダルク

これも皆さんのおかげです
これからもよろしくお願いします

関連記事

資産運用 …金融知識0から始めた株式投資などの資産運用の記事

後述しますが、
こちらはそもそもブログ始めるきっかけとなった経済的自由を目指す記事です

ダルクは2019年の10月まで、
ただのサラリーマンでした(今もサラリーマンですが)
とあるきっかけで、自分の金融リテラシーの無さを痛感することがありまして、
以降、家賃や光熱費、通信費などの固定費削減や、
つみたてNISAや特定口座を使った投資信託や株式投資などの、
資産運用を始めています(*^_^*)

資産運用の過程や、
学んだことを記事として皆さんに共有すべく発信していきたいです
ブログ始めた本来の動機も、
副業として自分の収入源を作りたかったのが目的でしたし、
一石二鳥かなと思ってます

(2021追記)

すっかり当ブログの中でも、
資産運用カテゴリーは主力コンテンツになりました

当方、サイドFIREへ向けて資産形成をしており、
毎月の運用状況とポートフォリオを記事で公開しております

ダルク
ダルク

サイドFIREて何?
って人は以下の記事をご覧ください

私の投資方針と戦略については、
インデックス高配当ハイブリット投資をしています

詳しくはコチラ↓

関連記事

また、
私は保有ETFをアニメやゲームのキャラで例えて紹介する、
ETF擬人化シリーズを書いています

ダルク
ダルク

私の人気記事です

ぜひご覧ください

関連記事

サラリーマン奮闘記 …会社員としての働き方や考え方について実体験を踏まえて

ブログも資産運用も初心者のダルクですが、
サラリーマン(エンジニア)としてのキャリアはそこそこありますし、
大企業に勤める同世代のかなでも、
かなりいろいろ経験してきている自負があります(>_<)

ダルク
ダルク

ほんと、鬱になったり大変だったんです


でも、そんな経験をしたおかげでいろんなことを考え成長し、
今は同じ会社で元気に働けています(+_+)


こうした私の経験や実体験から得た、
気づき、学びをぜひ悩めるサラリーマンの方たちと共有し、
少しでも力になれたら嬉しいです(/・ω・)/

経済的自由を目指すと言っていますが、
もちろん本業だって楽しめるのが一番です(+_+)

下記は鬱から立ち直った体験談です、よろしければどうぞ↓

その他、いろいろ興味のあることを書いていきたいと思います(/・ω・)/

ブログを始めた経緯と目的 ~リベ大の両学長とヒトデさんとの出会い~

少しふれましたが、私はこれまでフツーに進学校に通い、
国公立の大学・大学院を卒業して、大企業に就職し、
5年間サラリーマンとして生活していました

これまで、いわゆる王道的な生き方を選択してきましたし、
そこそこの競争に勝ってきたためか、
自分の生き方そのものに何の疑問も抱かなかったんです(;・∀・)

きっかけはリベラルアーツ大学

ところが、2019年の10月、
自身の引っ越しを機にリベラルアーツ大学の両学長の動画に出会い、
これまでの自分の金融リテラシーの低さに愕然としたんです(;^ω^)


本当に経済的自由を得るためには知識が必要なことを痛感し、
お金の勉強をはじめました
言ってしまえばリベ大生です

リベラルアーツ大学についてはコチラ↓
https://www.youtube.com/channel/UC67Wr_9pA4I0glIxDt_Cpyw

その中で、サラリーマンとしての給与所得以外に、
自分の力で稼ぐ事業所得として副業を検討し始めました


せどり、プラグラミングなど、
数々の選択肢の中からダルクは最終的にブログを選択しました

ダルク
ダルク

YouTubeもやりたかったんだけど、ブログにしたよ

数ある副業からブログを選択した理由

hitodeblogのヒトデさんの影響が強いのですが、
私がブログを選択した理由は大きく3つあります

  • 文章を書くこと自体が好き
  • 誰かの役に立つ仕事がしたい
  • 自分の価値観に共感してくれる”仲間”がほしい

文章を書くこと自体が好き

実はダルクは昔小説家になりたかったんです(;・∀・)(笑)
私は昔から音楽や絵画など、人を感動させる芸術が大好きなんですが、
残念ながら絵を描く才能も音楽の才能もなくて、
唯一残されたのは小説などの文学だったんです

しかし、
結局理系に進学が決まっていたのでその夢は諦めてしましました

その後、工学部に進学し、現在メーカーで働いてるのも、
ダルクの根底には「ものづくり」への思いがあるためだと思います

そんな私にとって、
記事を書くこと自体が楽しいのでブログは最適だったと思います

誰かの役に立つ仕事がしたい

これは本業でも意識していますが、誰かのために仕事していると感じられることが私のモチベーションです(*^^*)
自分の心も豊かになるし、人の役に立てる、人を元気にできる、人を感動させれるそんな可能性がブログにはあると思います
いつか読者の人か感謝をされるような記事を書くのが目標です(*’▽’)

自分の価値観に共感してくれる”仲間”がほしい

これが一番切実(;^ω^)
恥ずかしながらダルクは仕事しかしてこなかったので、
会社以外のコミュニティには一切は入れていません(笑)

私の価値観に共感してくださる同志の方と交流したい!
そんな思いでブログを書いています

Twitterのフォローもお願いいたします

Twitterもやってます(/・ω・)/
よろしければフォローしてください(+_+)

https://twitter.com/LrUiXhtQ97y4NHo
たまーにオタクツイートもしますが許してください(笑)

ダルク
ダルク

つたないブログですがコツコツ投稿していきます(^^)/
よろしくお願いいたします。

クリック応援励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもお願いします


人気ブログランキング

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました