スポンサーリンク

【サイドFIER】セミリタイアへ向けた、インデックス投資と高配当株投資の併用戦略について

インデックス投資と高配当株投資の併用 投資
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/
今回は私が実践している、
インデックス投資と高配当投資の
併用戦略について考察します

世間では、
インデックス投資と高配当株投資、
どちらが優れた投資法か度々議論されます

SNS上だと不毛な喧嘩になることが多いですが…

私はというと、
10年後のサイドFIREを目指して、
インデクス投資と高配当投資を両方実践しています

今回は改めて、
インデックス投資と高配当投資の併用について考えていきます

投資の目的確認:10年後のサイドFIRE

まず、投資法を語る上で最も大事なのは、
投資の目的(ゴール)の確認です

私の投資の目標は、10年後のサイドFIREです

サイドFIREとは、
生活費の半分くらいを配当金などの、
不労所得(資産所得)で賄える状態のことです

もう少しサイドFIREについて知りたい方は、
下記記事をご参照ください↓

関連記事

サイドFIREへの目標目安金額は、
約3,000万円ですが、現在の私の運用資産総額は、
約1,000万円程度ですので、
目標の1/3くらいのとことにいますね(*´▽`*)

ダルク
ダルク

投資も副業もせず倹約だけで、

社会人5年目で1,000万円貯金したので、
10年で2,000万は、
リスクをあまり取らずに狙えるラインです

5年で1,000万貯めた詳細は下記記事でまとめています↓

関連記事

インデックス投資と高配当株投資の併用について

さて、目標を確認したところで、
私の投資戦略に目を向けますが、
米国ETFを用いて、
インデックス投資と高配当株投資を併用しています

VTIとVYMをメインに据えたインデクスと高配当のハイブリッド投資

具体的には、
総資産の40%くらいを米国ETFでアクティブ運用しているのですが、

VTIをコア資産として定期買い付けしていき、
VYMをサブとしてアクティブ買い付けしていく

という投資戦略を取っています

ダルク
ダルク

毎月運用報告してますので、

合わせてご覧ください

関連記事

色々他のETFも買ってますが、
インデックスETFのメインはVTI、
高配当ETFのメインがVYMです

現状は、

VTIとVYMをメインとしたインデックスと高配当のハイブリッ投資

をしている状態と言えます

それぞれのETFについては、
専用記事を書いているので是非合わせてご覧ください↓

関連記事

ダルク
ダルク

ダルク名物、
ETF擬人化シリーズです(*´▽`*)(笑)

インデックス投資と高配当株投資を併用する理由

私がインデックス投資と高配当株投資を併用しているのは、
単に両方の投資のいいとこどりをしたいわけではありません

理由は、
10年後のサイドFIREという目標に対して、
自分にとって適した投資方針だと思うからです

10年先を見据えたとき、
今はまだ資産の最大化を狙うフェースにあると考えています

そのため、現在はVTIとVYMの保有比は4:1ですが、
トータルリーターン増配率などを考えて、
ポートフォリオに占めるインデックスの割合を多くしています

ダルク
ダルク

VTIは増配率が高いので、
今買うVTIは10年後、
高配当になっている可能性が高いです

とはいえ、
サイドFIREを目指す以上、
将来的にはインカムを上げていかなければならないので、
目標金額に近づくにつれ、
ポートフォリオに占める高配当ETF(VYM)の割り合いを増やしていくつもりです

要は、

インデック投資と高配当投資を併用しつつ、
前半は増配率と成長性を重視しVTIの割合を増やし
後半に近づくにつれインカムを重視しVYMの割合を増やしていく方針です

ダルク
ダルク

これが現時点での
私の投資の最適解です
実は結構難しいのですが(;・∀・)

インデックス投資と高配当投資の併用は、リベ大で非推奨の投資法なのか?

この、
”インデックス投資から高配当株投資に切り替える”
というと、
一部の方から窘められたことがあります(;・∀・)
リベ大で下記のような動画が上がっているためかもしれません

関連動画

第132回 【微妙です】インデックス投資で増やしてから高配当株投資に切り替えるのがイマイチな3つの理由【株式投資編】

ただ、
私がここで述べている投資戦略はこの動画で批判されている内容では、
全くありません

ここで非推奨とされている内容は、

インデックス投資だけで大きくした資産を売却し、
高配当株(個別株)に全額再投資する戦略です

私が行っている、
インデックス投資と高配当株投資の組み合わせ自体は、
学長も実践されていますし、
「切り替える」のではなく「割合を変えていく」
だけです(/・ω・)/

個別株と違いVYMなどの高配当ETFは銘柄分析も不要ですし、
現時点で高配当ETFのタイミング投資(アクティブ運用)してるので、
投資法を変えるわけではありません

あくまでも、
ポートフォリオをリバランスしながら、
ハイブリット運用をしていく計画です

ダルク
ダルク

投資の軸は一貫していますよ(+_+)

ちなみにリベ大とは、
ダルクが投資を始めるきっかけになったコミュニティです

関連記事

総括:【サイドFIER】セミリタイアへ向けた、インデックス投資と高配当株投資の併用戦略について

最後にまとめます

インデクス投資と高配当株投資の併用は優れた投資戦略のひとつ

と考えますし、私も実践しています

長期でFIREやセミリタイアを狙う場合、
米国ETFを用いて、

インデックス投資と高配当投資をETFなどを用いて併用しながら、
前半はインデクス投資を比率を大きくし、
後半は高配当の比率を増やしていくのも戦略のひとつ

ダルク
ダルク

私の投資戦略です

ではまた(/・ω・)/

応援クリック励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもよろしければお願いします↓


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました