スポンサーリンク

「発信力」を付けるには、まず「受信力」を身につける 

パラボラアンテナ ブログ奮闘記
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/
今回は「発信力」ならぬ、
「受信力」について考察します

私がブログやSNSで発信するようになって、
早くも1年経とうとしています

自身で”発信”を続けたり、
”発信”している方を見てきましたが、

「発信力」以前に、「受信力」ってすごく大事

ってことに気がつきました

そこで今回は「受信力」について、
個人的に整理してみました

「受信力」とは

これはあくまで私の考えですが、
受信力には大きく二つの意味合いがあると思います

  • コミュニケーション能力としての「受信力」
  • 思考法としての「受信力」

です
前者は「読解力」、
後者は「受け止め方」と言い換えることができると思います

ダルク
ダルク

詳しく解説します

コミュニケーション能力としての「受信力」

まずコミュ二ケーションとしての受信力について述べます
これは、所謂「聞く力」だと思ってください

相手の発言から、
その意図や主張を的確に把握する能力を指します

ダルク
ダルク

大体のコミュ障は、
「話せない」のではなく、
「正しく聞けてない」のです

(自分のことを棚に上げつつ)

よくある例が、
Twitterでよく見る典型的なクソリプの一覧です
下図は拾い物ですが有名なものです

クソリプ一覧

まぁ、この辺のリプは、
私も近しいことを何度かしている記憶があります(;・∀・)

これは、リプ(発信)内容が問題視されていますが、
それ以前に発言の受け止め方が悪いのです

私もありがたいことに、
SNSやブログにちょこちょこコメントをいただけるようになりました

いただくコメントはどのようなものであれ、
ありがたく受け止めております

でもですよ…

ダルク
ダルク

中にはとんでもねぇのがいるんですよ(;・∀・)

私の発信力が弱くて、
言いたいことが正しく伝わらない側面はあるでしょう

でも明らかに、
「どうすればそんな解釈になるんだ(;・∀・)」
とか、
「いや、さすがにそんなの知りませんよ(´・ω・`)」
ってのがたまーにあります(笑)

始めて記事がバズったときに、
結構まいっちゃったのを覚えていますね(;・∀・)
その時の記事がコチラ↓
関連記事

多少バイアスはかかるのでしょうが、
出来るだけ俯瞰的に相手の発言を受け止め、
客観的に解釈する能力が求められます

思考法としての「受信力」

次に、思考法としての受信力について述べます
これは、所謂ポジティブシンキングなどの、
「受け止め方」を意味しています

例を出しましょう、
先週の職場の出来事です

上司
上司

ダルク、
頼む、月曜の9時までにこの資料できる?

ダルク
ダルク

(もう金曜日の20:30なのだが)
いや、さすがに無理かと思います

上司
上司

月曜日に資料がないと俺、

怒られるんだけど(;_:)

ダルク
ダルク

えぇ…(;・∀・)

実話です(笑)
このときの受け止め方として、

ダルク
ダルク

いや俺には関係ないね
てかなんで俺に言ってくんだよ、
資料くらい自分で作っとけよ

ってなるか、

ダルク
ダルク

課長追い込まれてるな(´・ω・`)
資料作る時間もないし、頼れるのも俺しかいないのか
上司のために少し無理してやっか

ってなるかで、
その後の対応のモチベーションってすごく変わってきます

どうせやんなきゃいけないんだし(;・∀・)

私は常にこの「受信力」には気を付けています
実際、この「受け止め方」次第で、
自分自身のストレスや対人関係は劇的に改善しました

関連記事

ダルク
ダルク

この受け止め方次第で、
結構損してる人いると思います

「受信力」無くして「発信力」はつかない

さて、
ここまで私の考える「受信力」について述べましたが、
以上を踏まえたうえで一つ提言すると、

「発信力」を付けるには、まず「受信力」を身につけることが重要

だと思います

前述のリプの例もありますが、
インプットが不十分だと、適切なアウトプットもできない
からです

また、思考法としての受信力もないと、
周囲に対して攻撃的な発信やネガティブな発信をしがちになります

前者は、
発言する前に数秒考えるクセをつけること

後者は、
普段からの意識付けで大きく改善すると思います

まとめ:

最後にまとめます

「発信力」を付けるには、まず「受信力」を身につけることが重要

受信力には、

  • コミュニケーション能力としての「受信力」
  • 思考法としての「受信力」

がある

正しいインプットができてこそ、正しいアウトプットが可能になる

私も気を付けたいです

以上です(/・ω・)/

応援クリックお願いします(/・ω・)/↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもお願いたします↓


人気ブログランキング

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました