スポンサーリンク

磁気探傷試験Ⅰ(MT-1)の筆記試験対策と勉強法(旧:磁粉探傷試験) ~非破壊試験技術者資格~

磁粉探傷試験MT-1 資格・学習
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/

今回は、非破壊検査技術者資格の中の、
磁気探傷試験Ⅰ(MT-1)の筆記試験対策について、
解説していきます

非破壊試験技術者資格とは

非破壊試験技術者資格とは、
金属や構造物を破壊せずに、その内部のきずや表面のきず、
あるいは劣化の状況等を非破壊検査技術を用いて検査をする、
技術者の技量を認定する資格のことです

以下、
日本非破壊検査協会からの引用です

同一の規格、同一の手順書に従って行う検査であれば、
誰が行っても、何度行っても同じ結果、同じ評価が得られなければなりません。

そのため、非破壊試験技術者の技術レベルを一定にしておく必要があり、
その要求から国内においては、
一般社団法人 日本非破壊検査協会が非破壊検査技量認定規程(NDIS 0601)によって、
技術者の技量認定試験を実施し、
技術者の技量認定を行ってきました。

一方、世界各国で実施されている非破壊試験技術者に対する
技量認定制度を国際規格(ISO 9712)をもとに国際整合化をしていく動きがあり、
日本非破壊検査協会でも
日本非破壊検査協会規格(NDIS J001:ISO 9712)に基づいた認証制度を
1998年から実施しておりましたが、JIS Z 2305の制定に伴い、
認定制度(NDIS 0601)、認証制度(NDIS J001)をJIS Z 2305に基づく認証制度へ融合一元化して、2003年度より実施しています。

一般社団法人 日本非破壊検査協会より http://www.jsndi.jp/qualification/

非破壊試験技術者資格の種類

非破壊試験技術者資格は、
非破壊検査の種類とレベルに応じて複数の種類があります
部門は以下の、

  • 放射線透過試験(RT):Radiographic Testing
  • 超音波探傷試験(UT):Ultrasonic Testing
  • 磁気探傷試験(MT):Magnetic Particle Testing
  • 浸透探傷試験(PT):Liquid Penetrant Testing
  • 渦流探傷試験(ET):Eddy Current Testing
  • ひずみ測定(SM):Strain Measurement

があり、
レベル1、レベル2、レベル3までのレベルがあります

ダルク
ダルク

今回取り上げるのは、
磁気探傷試験のレベル1、
通称 MT-1です

非破壊試験技術者資格の合格率と難易度

試験の合格率は部門によっても多少異なりますが、
レベルごとに公開されており、
2019年のレベル別合格率はそれぞれ、 

  • レベル1  35.9%
  • レベル2  24.7%
  • レベル3  9.6%

となっています

ダルク
ダルク

結構難易度は高めかもしれませんね

非破壊試験技術者資格(レベル1)の試験内容

レベル1の試験の内容は、
一次試験の筆記と、二次試験の実技に分かれます

一次試験(筆記) 四肢択一式:120分

  • 一般問題 – 基礎知識に関する問題
  • 専門試験 – NDT の適用に関する問題
  •  ※NDT:Non-Destructive Testing

二次試験(実技):70~165分

ダルク
ダルク

今回は一次試験の筆記を扱います

磁気探傷試験レベル1(MT-1)の筆記試験対策

磁気探傷試験のテキストと問題集

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
非破壊検査試験技術者試験の中から、
今回は、
磁気探傷試験レベル1(MT-1)の一次試験(筆記)について、
難易度、学習目安時間、学習法について解説します

ダルク
ダルク

余談ですが、
磁気探傷試験は少し前まで、
磁粉探傷試験と呼ばれていました

コチラの方がなじみが深いと思うので、
本記事では、両方の名称を使います

磁気探傷試験レベル1(MT-1)の難易度と過去問の傾向

2020年秋季の過去問の傾向から、
難易度と出題傾向を分析します

まず、レベル1の場合は、
協会が執筆している磁気探傷試験Ⅰ問題集から、
多く出題されます

多少問題を変えていますが、
問題集とほぼ同じ選択肢の問題も多数あり、
問題集さえやり込んでいれば、合格はさほど難しくありません

ダルク
ダルク

講習会に参加時に必ず問題集を受け取っていると思いますが、
それから大半は出題されます

難易度も概ね問題集と同程度です

筆記テストの内容は、

  • 一般問題 – 基礎知識に関する問題
  • 専門試験 – NDT の適用に関する問題

に分かれ、両方で7割以上が合格基準ですが、
一般問題に対して、専門試験の方が問題を少しひねっており
問題集+テキストでの理解度が若干問われます

2020年秋季の過去問の傾向では、
磁化方法は極間法
対象となる欠陥では溶接欠陥が、
かなりしつこく出題された印象でした(;・∀・)

磁気探傷試験レベル1(MT-1)の学習目安時間

まず、勉強の目安時間ですが、

20~30時間は確保したいところです

ダルク
ダルク

ちなみに私の合計学習時間はおそらく、
20時間以下ですが、一夜漬けだけでは厳しいと思います
以下、焦りまくる愚者のツイートをどうぞ

みっともねぇ(;・∀・)(笑)
ただ、本当に死ぬ気で追い込めば2日でどうにかなる程度であります
※ただし非推奨

磁気探傷試験レベル1(MT-1)の学習法

MT-1のおすすめ勉強法を紹介します
大まかには以下の通りになります

  • 問題集を最低2周は解く
  • 磁化装置・磁化方法について章ごとの項目を一つにまとめる

順に解説します

問題集を最低2周は解く

出題傾向でも述べましたが、
公式問題集から多く出題される傾向があります

そのため、
問題集のやり込みは必須です

最低でも2周は解いてください

ダルク
ダルク

正解の選択肢がわかることはもちろん、
間違いの選択肢も間違っている理由がわかるよう、
テキストで確認しておきましょう

ぶっちゃけ、
問題集さえやり込んでおけば何とかなります

磁化装置・磁化方法について章ごとの項目を一つにまとめる

磁気探傷試験のテキストは、

  • 磁粉探傷試験で対象となるきずの種類と分類
  • 探傷装置及び探傷材料
  • 指示書に従った試験
  • 探傷試験の実際

などの項目に分けられていますが、
それぞれの章で同じ磁化装置・磁化方法、欠陥について、
違った角度で解説されています

章をまたいで情報が散見されているので、
磁化方法、欠陥について各章のデータをまとめて一つに整理すると、
記憶に残りやすいです

例えば、
磁化方法のひとつである極間法は、
探傷装置及び探傷材料、指示書に従った試験、探傷試験の実際など、
全ての章で取り上げられていますので、
各章の記述を集めて極間法としてまとめると、
上手く整理できます

ダルク
ダルク

前の章で磁化方法、欠陥についてわからなかったことが、
章を進めていくとわかっていくので、
はじめから一つにまとめておいてほしかったんですよね(;・∀・)

まとめ:磁気探傷試験Ⅰ(MT-1)の筆記試験対策と勉強法

最後にまとめます

磁気探傷試験レベル1(MT-1)の難易度と過去問の傾向は、

・協会が執筆している磁気探傷試験Ⅰ問題集から多く出題される
・一般問題に対して、専門試験の方が問題を少しひねっており、
 問題集+テキストでの理解度が若干問われる

学習目安時間は

20~30時間は確保したい

おすすめの学習法は、

・問題集を最低2周は解く
・磁化装置・磁化方法について章ごとの項目を一つにまとめる

以上となります(/・ω・)/

おまけ:具体的な問題と内容の解説について

今回はあくまで、
試験の勉強法と対策について書きました

磁気探傷の原理や学習内容そのもの、
問題と解説についても需要があれば、
今後個別にまとめてこの記事に紐づけ、
磁気探傷試験の学習コンテンツにしていきたいと思っています

ダルク
ダルク

こうご期待(/・ω・)/


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました