スポンサーリンク

磁気探傷試験Ⅰ(MT-1)の実技試験対策(旧:磁粉探傷試験) ~非破壊試験技術者資格~

き裂 資格・学習
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/

今回は、非破壊検査技術者資格の中の、
磁気探傷試験Ⅰ(MT-1)の実技試験対策について、
解説していきます

筆記試験の内容は、
コチラ↓でまとめています
関連記事

非破壊試験技術者資格とは

非破壊試験技術者資格とは、
金属や構造物を破壊せずに、その内部のきずや表面のきず、
あるいは劣化の状況等を非破壊検査技術を用いて検査をする、
技術者の技量を認定する資格のことです

以下、
日本非破壊検査協会からの引用です

同一の規格、同一の手順書に従って行う検査であれば、
誰が行っても、何度行っても同じ結果、同じ評価が得られなければなりません。

そのため、非破壊試験技術者の技術レベルを一定にしておく必要があり、
その要求から国内においては、
一般社団法人 日本非破壊検査協会が非破壊検査技量認定規程(NDIS 0601)によって、
技術者の技量認定試験を実施し、
技術者の技量認定を行ってきました。

一方、世界各国で実施されている非破壊試験技術者に対する
技量認定制度を国際規格(ISO 9712)をもとに国際整合化をしていく動きがあり、
日本非破壊検査協会でも
日本非破壊検査協会規格(NDIS J001:ISO 9712)に基づいた認証制度を
1998年から実施しておりましたが、JIS Z 2305の制定に伴い、
認定制度(NDIS 0601)、認証制度(NDIS J001)をJIS Z 2305に基づく認証制度へ融合一元化して、2003年度より実施しています。

一般社団法人 日本非破壊検査協会より http://www.jsndi.jp/qualification/

非破壊試験技術者資格の種類

非破壊試験技術者資格は、
非破壊検査の種類とレベルに応じて複数の種類があります
部門は以下の、

  • 放射線透過試験(RT):Radiographic Testing
  • 超音波探傷試験(UT):Ultrasonic Testing
  • 磁気探傷試験(MT):Magnetic Particle Testing
  • 浸透探傷試験(PT):Liquid Penetrant Testing
  • 渦流探傷試験(ET):Eddy Current Testing
  • ひずみ測定(SM):Strain Measurement

があり、
レベル1、レベル2、レベル3までのレベルがあります

ダルク
ダルク

今回取り上げるのは、
磁気探傷試験のレベル1、
通称 MT-1です

非破壊試験技術者資格の合格率と難易度

試験の合格率は部門によっても多少異なりますが、
レベルごとに公開されており、
2019年のレベル別合格率はそれぞれ、 

  • レベル1  35.9%
  • レベル2  24.7%
  • レベル3  9.6%

となっています

ダルク
ダルク

結構難易度は高めかもしれませんね

非破壊試験技術者資格(レベル1)の試験内容

レベル1の試験の内容は、
一次試験の筆記と、二次試験の実技に分かれます

一次試験(筆記) 四肢択一式:120分

  • 一般問題 – 基礎知識に関する問題
  • 専門試験 – NDT の適用に関する問題
  •  ※NDT:Non-Destructive Testing

二次試験(実技):70~165分

ダルク
ダルク

今回は、実技試験の対策について、

書いていきます

筆記試験の内容と勉強法は、
下記の記事で解説しています
関連記事

磁気探傷試験レベル1(MT-1)の実技試験対策

では、MT-1の実技試験対策について、
解説していきます

日本非破壊検査協会の実技講習会に参加する

まず、一番有効な試験対策は、
日本非破壊検査協会の実技講習会に参加することです

実技講習会では、
実際の実技試験と同じ装置を用いて、
模擬試験を受けることができます

普段使わない装置を使ったり、
普段測定したことがない測定物を測定したり、
解答方法を身につけられることは、
絶大なアドバンテージになります

ぶっちゃけ、
実技講習会に行かずに一発合格は、
かなり厳しいと思います

ダルク
ダルク

とはいえ、
事情があって実技講習会に行けなかった人もいるでしょう

本記事は実技講習会へ行けなかった人も、
合格できるよな内容でまとめます

試験項目と時間、合格基準

まずは試験内容と時間、合格基準を整理しましょう

試験項目 試験体 磁粉 試験時間 合格基準
極間法 溶接試験体 黒色磁粉 30分 70点
電流貫通法
コイル法
円筒機械部品
ボルト
蛍光磁粉 30分70点

試験は大きく二つに分かれ、
極間法と定置装置による探傷試験があります

試験体の探傷と記録用紙の記入を合わせて30分なので、
極間法も、定置装置の試験も基本的に時間との勝負になります

よってスムーズに回答できるよう、

  • 試験体の種類
  • 記録用紙の記入内容
  • 探傷結果の記録法

を事前に頭に入れておく必要があります

ダルク
ダルク

当日考えていては絶対間に合いません

準備が9割合否を左右します

事前にしっかりシミュレーションしておきましょう

関連記事

また試験当日は、
控室に実技試験用の指示書が掲載されているので、
出来るだけ早く会場に行って試験内容を十分理解しておきましょう

実技試験対策:極間法

具体的に試験内容について解説ていきます
まずは極間法です

極間法の試験体と試験法

極間法では下図に示すような厚さ9mmの板材の、
溶接ビード部の探傷を行います

極間法の試験体の溶接板

極間法なのでビード部を跨いで連続法で探傷します
試験体を斜めにしておくと、
探傷液が自然に流れるので探傷しやすいです

傷は横傷、縦傷、斜め傷があります

極間法では電極に対して直角の傷しか見れないので、
ビードに対して最低4方向からの探傷が必要です

極間法の試験で見れる内部欠陥
ダルク
ダルク

欠陥は最低でも5つはあるはずなので、
縦傷、斜め傷も見逃さないようしましょう
1つ見逃すと合格は厳しいと思います

記入もあるから、
一方向に5分くらいしか割く時間がないです(;・∀・)
まごまごしてるとタイムオーバーなのでイメトレしときましょう

探傷結果の記録法

次に重要なのが探傷結果の記録法です
早い話が傷のスケッチですね

せっかく傷を見つけても、
スケッチのルールを破ると大きく減点されるので、
しっかりと決められたとおりにスケッチしましょう

記入のルールは主に以下のとおり

  • きずは赤鉛筆で記載する
  • きずの訂正は青鉛筆で上から塗りつぶす
  • 基準線からの距離を記載する
  • 密集したきずについては丸で囲み1つの群としてみなす
  • 寸法線・引出し線は必ず定規を当てて書く
  • その他図面のルール、指示書の指示に従う
ダルク
ダルク

必ず赤と青の色鉛筆と、定規を持参しましょう
貸出がないので、詰みます

記入例について示します

極間法の傷の記入法

縮尺はあんまり問われないので、
本数、長さ、位置をしっかり書きましょう

探傷試験条件記入

探傷結果とは別に、探傷条件記録用紙も作らないといけません

これらの多くは、指示書の条件に従って書けばいいのですが、
指示書にない項目もあります

  • 磁極の配置
  • 探傷ピッチ
  • 磁化の時期

は設問の意味が分かるように、
十分筆記の内容を復習した方がいいです

  • 器材の日常点検項目

については指示書にないので、
3つほどあらかじめ考えていった方がいいです

ダルク
ダルク

電源が入るか確認する
とか、
磁極の破損がないか見る
とかでいいと思います

実技試験対策:定置装置(電流貫通法・コイル法)

次に、定置装置の実技試験ですが、
こちらは極間法と違い、
試験体が2つあり探傷法も2種類あります

よって、時間配分が非常に重要です

定置装置での試験体は、
円筒機械部品ボルトです

一応図示しておきます

電流貫通法の試験体とコイル法の試験体、磁粉探傷試験

機械部品は円周方向4等配、
ボルトは六角のヘッドに6 等配アルファベットが振ってあります

円筒部品は電流貫通法による連続法
ボルトはコイル法による残留法で行います

ダルク
ダルク

この時点で??の人は、
筆記のテキストを復習しましょう

円筒部品は軸方向のきずを、
ボルトはねじ部の円周方向のきずを探傷しますので、
そちらにだけ注意しましょう

探傷結果の記録法

極間法と同じく、探傷結果の記入法も重要となります
とくに円筒部品とボルトは円筒形状なので、
平面に図示するための記入用紙も独特なので、
あらかじめ形式を頭に入れておきましょう

記入用紙の例ときずの記入例を示します

円筒機械部品(電流貫通法)の探傷結果記入例

電流貫通法の試験体ときずの記入法

まず記入用紙ですが、
円筒部品を切り開いて4分割していますので、
対応するアルファベットのゾーンにあるきずを記入すればよいです

ダルク
ダルク

所見だと??ってなりがちです

記入のルールは極間法と同様で、

  • きずは赤鉛筆で記載する
  • きずの訂正は青鉛筆で上から塗りつぶす
  • 密集したきずについては丸で囲み1つの群としてみなす
  • 寸法線・引出し線は必ず定規を当てて書く
  • その他図面のルール、指示書の指示に従う

となっていますが、
基準線からの距離は書く必要がありません

きずのあるゾーンだけ間違えないようにしましょう

ボルト(コイル法)の探傷結果記入例

コイル法の試験体ときずの記入法

記入用紙は円筒部品同様、
ボルトの展開図になり、六角ヘッドに合わせて6分割になります

記入のルールは、

  • きずは赤鉛筆で記載する
  • きずの訂正は青鉛筆で上から塗りつぶす
  • 密集したきずについては丸で囲み1つの群としてみなす
  • 寸法線・引出し線は必ず定規を当てて書く
  • その他図面のルール、指示書の指示に従う

とこれまでと同じですが、
ボルトの場合は基準線からの距離は必須になり、
きずの長さは不要になります

ダルク
ダルク

紛らわしいので、
よく覚えておきましょう

探傷試験条件記入

探傷条件の記入は極間法と大差ありません
日常点検項目だけは事前に考えておきましょう

以上です(/・ω・)/

クリック応援励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもお願いします


人気ブログランキング

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました