スポンサーリンク

中国隔離生活を終えて ~中国のコロナ対策と日本の比較~

中国と日本のコロナ対策の違い 中国滞在記
ダルク
ダルク

どうもダルクです
4週間にも及ぶ隔離を経て、
ようやくシャバに出れました

今回隔離生活で感じた中国のコロナ対策の実態と、
今後の生活について、
日記程度に綴りたいと思います

下記はこれまでの記事です

関連記事

中国のコロナ感染状況

私が駐在している都市は、
人口が大体日本の首都圏ほどある大都市です

人口密度ではさすがに東京ほどではありませんが、
うじゃうじゃおります

そんな中で、
長らく感染者0を更新しています

よく、

中国は感染者数をごまかしている!

そんな少ないわけない!!

っていう人がいるかもしれません、
日本が未だに毎日3桁感染者を出している現状、
そう言いたくなりますよね

下記は日本のコロナ陽性者数です

日本の新規感染者数の推移

緊急事態宣言を出しているにも関わらず、
ダラダラと感染者を出し続けています

はっきり言って情けない限りです(;・∀・)

で、実際中国に入って感じることですが、

日本よりコロナ感染については完全に安全

と、言わざるを得ません

ダルク
ダルク

少し解説します

中国のコロナ対策の徹底ぶり

私が少なくとも中国の方が、
コロナに対して安全だと思うの理由は対策が徹底しているからです

ざっとこんな感じ

  • 入国時の検疫が徹底している
  • 感染経路の特定が容易である
  • 感染者を出した事業所は操業停止をくらう
  • 3人感染者が出たら7500人を隔離する

順に説明しますね

入国時の検疫が徹底している

マスクをした地球

まず、入国時の検査と、
隔離期間がめちゃくちゃ厳しいです

私の場合は、
入国後の隔離が実に4週間もありました

そして入国に際し4週間で、
PCR検査が5回、採血が3回ありました

ダルク
ダルク

流石にやりすぎだ(;・∀・)
万が一にも海外からは侵入しないわ

ここまでやんないと、
陰性証明できないんですよね(;・∀・)

仮に誤陰性でも、絶対網にかかります

余談ですが、病院でPCR検査受けてるときに、
手錠をかけた囚人衆が検査を受けにきていましたw

ダルク
ダルク

この国ではPCRを受けないと、
ブタ箱にすら入れない(;・∀・)

徹底してますわ(笑)

感染経路の特定が容易である

WeChat

日本では感染者が出ても多くは感染経路不明ですよね
みんな好き勝手移動するから当然です

しかし、中国の場合は、
感染経路が簡単に特定でいます

先日、
日本でもLINEの個人情報の流出がニュースになっていますが、
中国でも中国版LINEのWeChatがあります

今中国では現金での支払いは殆どされておらず、
支払いはWeChatの電子マネーで行われています

で、このWeChatのチャットや通話、
お店での支払い履歴は全て筒抜けです(;・∀・)w

いつどこで誰と会っていたか、
どの店で食事したのか、どのタクシーに乗っていたか、
全部特定されます

ダルク
ダルク

日本では絶対できんね(;・∀・)

感染者を出した事業所は操業停止をくらう

工場のシルエット

日本の企業は、
感染者を出しても平気で操業してたりしますよね(;・∀・)

私の会社もテキトーに消毒して、
「消毒しました!!」って言ってフツーに動いていました

そりゃ、集団感染しますよ(笑)

中国の場合は1人でも感染者が出ると、
完全に操業停止をらいます

だから企業のリスク管理もかなり神経質です

ダルク
ダルク

強制力のない日本とはえらい違いですね

3人感染者が出たら7500人を隔離する

日本と中国の最大の差は、
感染拡大防止のための徹底した対策です

とある都市では、
5日で3人新規感染者が出ただけで、
7500人以上を隔離対象にしています

中国北東部の瀋陽市、3人が新型ウイルス感染で7500人を隔離
【5月16日 AFP】新型コロナウイルスの感染者が急増している中国北東部の瀋陽(Shenyang)で、この5日間に新たに3人の感染者が確認され、市当局は7500人を超える人々を隔離した。

もうとにかく徹底してる(;・∀・)

ここでもう一度日本の新規感染者数の推移を見てみましょう

日本の新規感染者数の推移
ダルク
ダルク

正直恥ずかしい…

1日に数百人感染者が出ても、
強制手段を取れず、緊急事態宣言後も、
ダラダラ感染者を出し続ける日本とは全然違いますね

中国で生活してみて感じる安心感

さて、実際に中国で生活してみて、
以上の理由もあり、
感染に関する恐怖は殆ど感じずに済んでいます

実際、日本で仕事していた時は、
毎日感染者が大量に出る中で、
密の満員バスに揺られて通勤し、
感染しているかわからない人に囲まれて仕事していました

日々感染リスクにおびえていたわけです

今中国にいて、そのような感染に対する恐怖は、
ほとんどありません

ダルク
ダルク

本当に日本より安全だよ
少なくともコロナに対しては(*´▽`*)

取捨選択を誤った結果が今の日本の感染状況

天秤

もちろん、中国の対応が、
全て日本よりも素晴らしいとは言えません

プライバシーなんてないですからね(;・∀・)

それでも結果だけ見れば、
中国に見習うことは多いと思います

最たる例は、取捨選択ですね

よく、
経済を取るか、生命を取るか?
が議論になりましたが、どっちも選べなかったのが、
今の日本でしょう

中国は初期段階で経済を犠牲にしても、
徹底した感染拡大防止対策を実施しました

実際、
前に訪中した多くの個人経営店や飲食店は潰れてました

しかし、感染者を抑え込んだおかげで、
コロナが早期終息し、経済は復旧しています

今や飲食店は夜中まで操業していますし、
潰れた店の跡地には新しい店が立っています

ダルク
ダルク

だらだらやらず
選択と集中をやったおかげですね

すこし厳しいことを言いますが、
潰れる企業を保護する必要はないと思います

これが日本だと、

感染者が増え続けるのに、
どうして何も対策しないんだ

と騒ぎ、緊急事態宣言を出したら出したで、

飲食店が潰れてしまう!
政府はどう責任取るんだ!!

だの、

自粛要請するなら、
金をよこせ!!

だの、
マスコミ含めて身勝手すぎましたね

中国行って思ったんですが、

一体どっちが共産主義国なの(;・∀・)?

と思わずにはいられませんでした

こんなこと書くと叩かれそうですが、
この天災に際し、ある程度キャッシュのない企業が、
潰れて淘汰されるのは経済的に自然なことだと思います

資本主義の社会において、
潰れるべき企業を存続させるために税金をつぎ込み、
ゾンビのような状態で保護して何になるのでしょうね

多くの人が仕事失ってもいいのか!
生活が苦しい人もいるんだ!!

と言われそうですが、
会社がつぶれても人は死にません

新し仕事を探せばいいです
再就職できないなら、
それは自分のキャリアと能力に問題があります

資本主義において、
差がつくことが平等なんです

ダルク
ダルク

なんだかんだ、
共産主義的なんですよね日本
マスコミのせいかな(;・∀・)

資本主義の日本、共産主義の中国、
なぜ、こんなことになったのか、
不思議でなりませんでした

おわりに:中国生活と当ブログについて

さいごに、
隔離生活中はいろんな方にSNSを通じて、
応援やあたたかいお言葉をいただきました

ありがとうございます

おかげさまで、
無事隔離を乗り越え元気に生活しています

ですが、
隔離を終えていよいよ公私ともに忙しくなります

ブログの更新も、
これまでのボリュームでは出せなくなる思います

あまり有益な記事や、
投資関係の記事は書けなくなるかもしれませんが、
中国生活の発見など、軽い雑記をつらつらと綴り、
更新できたらいいなと思います

ではまた(/・ω・)/

クリック応援励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもお願いします


人気ブログランキング

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました