スポンサーリンク

中国滞在記 ~資産が危ない!!日式クラブからお金を守れ~

中国滞在記 日式クラブ 雑記
ダルク
ダルク

你好!ダルクです
せっかく中国にいるので、
中国滞在記を書いていこう思います
今回のテーマは「日式クラブ」です

どうも、ダルクと申します

訳あって中国で生活しています
そのあたりの詳細はコチラをご覧ください↓

関連記事

隔離も終わり、晴れて自由の身になりましたので、
今回から中国滞在記として現地の情報をお届けしていこかと思います

今回のテーマは、日式クラブです

日式クラブとは

エレガントなホテルのエントランス

中国の日式クラブとは、
早い話、日本人向けのキャバクラです

個室や大部屋があって、
お酒飲みながらカラオケ歌ったり、
女の子とお喋りしたりして時間を過ごします

私がいる地域は日本人の駐在者が多いので、
それなりの数の日式クラブが集まっており、
女の子も日本語をしゃべれる人が多いです

感覚的には日本のキャバクラとほぼおなじですね

で、この日式クラブですが、
私の資産運用とブログ経営を脅かす問題になってきています

ダルク
ダルク

日本にいたときですら、
キャバクラなんて会社の付き合いでしか行かないのですが、
中国だと諸事象あり非常に今困っています(;・∀・)

料金がめちゃくちゃ高い

空の財布

まず、日式クラブなんですが、
1回行くだけでべらぼうにお金を取られます

大体、
基本料300元、ボトル料380元、
相手の飲み物代200元がデフォルトでかかり、
1回行けば880元はかかります

1元16円なので、
14,080円です

ダルク
ダルク

金をドブに捨てる暴挙だな(;・∀・)

ぶっちゃけ中国にいる間は、
食費しかかからないので、毎日50元くらいで節制できています

一回クラブに行くだけで、
実に18日分の生活費が飛んでいきます

キャバクラ自体好きではない私にとって、
日式クラブは無駄な浪費でしかありません

じゃあ行かなきゃいいじゃん(笑)

ダルク
ダルク

私だって行きたくないよ!


でもそうもいかない事情があるのです

断る口実がない

私が駐在している地域には、
駐在員の娯楽となる施設があまりありません

よって、
多くの日本人駐在員は日式クラブに通い倒しています

ダルク
ダルク

みんな家族がいるのに、
ホントに理解できんなぁ(;・∀・)

私はネットさえ繋がって、
Vtuberの配信が見れたり、ネット教材で勉強出来たり、
ブログを細々と書ければ十分なんですが、
そんな人種は駐在員のおじさんたちの中にはいないらしいです(笑)

酒、女、カラオケ

これしか楽しみがないらしい(;・∀・)

昭和のオッサンばかっかりだ、
平成生まれの私には理解できませんぜ( ゚Д゚)

なので、当然会社の飲み会は日式クラブですし、
土日もプライベートで日式クラブに誘われまくります

でも断ればいいじゃん(笑)

と思うでしょ?

それがなかなかこの状況だと難しいんです

なんせ、
用事がないことがバレていますし、
同じホテルに泊まっているので居留守も使えませ

以下は失敗例です

作戦:1 用事があると断るパターン

先輩
先輩

ダルク、今度の日曜、
日式クラブいくぞ!

ダルク
ダルク

その日はちょっと友人と予定がありまして

先輩
先輩

お前中国に知り合いおらんやろ(笑)

ダルク
ダルク

いやー、ちょっと買い物にですね…

先輩
先輩

お前中国語で買い物できんのか?
じゃあ買い物付き合ってやるから、
そのまま行くぞ(/・ω・)/

ダルク
ダルク

アリガトウゴザイマス

ミッション失敗

作戦:2 連絡無視パターン

ダルク
ダルク

あ、誘いの連絡きた(;・∀・)
行きたくないからホテルで寝てた事にしょう

数時間後……

ピンポーン

先輩
先輩

連絡なかったから、迎えに来たぞ
(同じホテルやし)

ダルク
ダルク

アリガトウゴザイマス

ミッション失敗

ダルク
ダルク

無理ゲーだよ(;・∀・)w

ちなみに中国で体調不良というと、
即PCR検査行になるので、その口実は使えません

一度や二度は断りましたけど、
流石に毎回は無理です(笑)

よって、
日式クラブ通いの浪費がかさんできています
なんてこった(´・ω・`)

キャバ嬢の営業がエグイ

ジュエリーを身につけた女性

そんな厄介な先輩社員の誘いを回避しても、
さらなる強敵がいます

それがキャバ嬢の営業です

一回でも店に行くと自動で自分の担当の女の子が付くのですが、
駐在員経由で連絡先を仕入れ、
何度も営業メールが飛んできます(;・∀・)

基本、行く気がないので無視してOKなんですが、
どうしても会社の飲み会で行かなければならない時、
あまりに無視していると弊害がおきるので、
たまーにケアしないと大変なことになります

ときメモの爆弾処理みたいなもんですw

ダルク
ダルク

もうホントにめんどくさい

大概食事の誘いなのですが、
食事に連れていけば自動的に店にも行く羽目になります

いわゆるアフターならぬビフォーですね

相手も指名料が入るので、
各日式クラブの担当から休みなしに連絡が来ます

ダルク
ダルク

日本人を金ズルとしか思っとらんからね
(;・∀・)

そんなこんなで、
馬鹿みたいな経費がずっと発生しています
どうしたことか(2回目)

妥協案:中国語会話の勉強費として割り切る

さて、そんなこんなで、
日式クラブを回避できないことが多いのですが、
なんとかこの無駄な浪費を価値ある投資にすべく、
私は考え、ある結論に至りました

それが、

ダルク
ダルク

もう、
これを機に中国語をマスターするための、
中国会話教室代わりに使おう

というものです

実は私は中国は2回目なので、
本当に少しだけ中国語がわかります

とはいえ、いわば中学生の英語レベルで、
細かなコミュニケーションができる程度ではありません

この中国にいる絶好の機会に、
中国語を向上させたいと思っているのですが、
会社の中国人は日本語を話せるので、
仕事しても一向に中国語が上達しないんですよね

そんなとき、
先輩に連れられとある日式クラブに行ったとき、
日本語が下手で、
あまり他の日本人客の相手をできていない女の子がいたので、
その子を相手に中国会話の練習をすることにしました(*´▽`*)w

先輩がカラオケでどんちゃん騒いでる脇で
ひたすら話して聞き取る練習をしています

私の担当になった子は日本語があまり上手くないので、
他の日本人の接待ができないため、
中国語でコミュニケーションを取ろうと試みる私に、
とても熱心に話してくれるし、
わからない単語は片言の日本語で説明してくれるので、
めちゃくちゃ勉強になってます(*´▽`*)

日本と違って、時間経過でお金を取られないし、
お酒も入れなければ4時間で500元くらいですので、
オープンからクローズまでいれば、
1時間あたり2000円くらいです

1時間2000円でネイティブの女の子相手に、
マンツーマンで英会話ならぬ中会話の講義を受けられると考えたら、
結構アリな感じがします(*´▽`*)w

ダルク
ダルク

多分日本で同じ条件で英会話教室探したら、
もっと高いと思います(;・∀・)
時給2000円以上するでしょうから

もうね、お金無駄にしないように必死ですよ、
こちとら(;・∀・)(笑)

出来るだけ回避して、回避不可能なときは、
中国語会話に当てる

これを機に中国語を多少上達させ、
自己価値を高めたいと思います

ダルク
ダルク

感謝您閱讀本文
再見

クリック応援励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもお願いします


人気ブログランキング

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました