スポンサーリンク

草津温泉 西の河原公園 ~昼も夜も楽しめる温泉の湧き出る公園~

西の河原公園 グンマー帝国潜入記
ダルク
ダルク

どうも、ダルクです(/・ω・)/
GWに群馬に行ってきましたので、
観光レポートを書いていきます

旅行は2泊3日で、草津四万伊香保の、
温泉街を回ってきました

グンマー帝国潜入記第一弾は、
温泉名所NO.1、草津温泉について書いていきます

ダルク
ダルク

草津はボリュームが多いので、
観光名所と温泉を別けて書きます

今回は、湯畑と並んで有名な観光スポット、
西の河原公園について紹介します

にほんブログ村 にほんブログ村へ

前回の記事

西の河原公園

西の河原公園の入口

西の河原公園は草津温泉街から西に位置しており、
上流から湧き出た温泉が下流に流れていく様子を、
観察できるようになっています

遊歩道も整備されており、
実際に流れる温泉に触れることもできます

ダルク
ダルク

これは実際に観た方がわかりやすいですね

西の河原公園へのアクセス

西の河原公園は、
湯畑から温泉街を西に歩いて行くと着きます

西の河原公園まで続く「西の河原通り」は様々なお店が立ち並んでいるので、
楽しみながら行くことができす

西の河原公園は下流から上流に登っていくようにできおり、
温泉街ほどの広さを持っています

頂上には草津最大の露天風呂、
西の河原露天風呂があります

西の河原公園の地図

西の河原公園の散策レビュー

早速、公園を上流に向かって歩ていこうと思います

西の河原公園

このようなかんじで、
温泉が流れてきているところまじかで見ながら、
散策できます

ダルク
ダルク

沢登りみたいな感じですかね(/・ω・)/

西の河原公園
西の河原公園

西の河原公園に流れる温泉は、
湯畑と同様に淡いグリーンの色をしており、
とても美しく映えます(*´▽`*)

歩いているだけで全く飽きないですね

西の河原公園の足湯

上流付近には足湯もあり、
歩き疲れた足を癒すこともできます

西の河原公園のその他の見どころスポット

西の河原公園内には草津穴守稲荷神社という神社もあります

西の河原公園の草津穴守稲荷神社

散策のついでに気軽によることができます

公園に入ってすぐのところには、
鬼の茶釜碑という碑と小さな貯め温泉があります

西の河原公園の鬼の茶釜碑

流れない分、よりグリーンが鮮明です(/・ω・)/

上流にある西の河原不動滝です

西の河原不動滝

不動明王像の背後から温泉が滝となって流れ落ちています

写真映えするスポットです

草津最大規模の露天風呂「西の河原露天風呂」

西の河原公園を上流に上がりきると、
草津最大規模の露天風呂、西の河原露天風呂があります

入らずに帰る選択肢はありません(*´▽`*)w

私の経験した中で最大の露天風呂でした

ダルク
ダルク

温泉のレビューは別記事でまとめてやろうかと思います

余談ですが、
草津温泉の源泉は大きいもので6種類あるのですが、
そのうちの一つが「西の河原源泉」です

ただ、ややこしいことに、
西の河原露天風呂の源泉はなぜが、
万代源泉」といわれる源泉です(;・∀・)

そこは、西の河原源泉ではないのかいw

夜の西の河原公園

さて、湯畑同様、
西の河原公園も夜はライトアップされ、
全く別の雰囲気になります

夜の西の河原公園
ダルク
ダルク

おぉー!!ムーディー!!

これは幻想的で非日常な空間ですわ

恋人と来たらいい雰囲気になるでしょうね(^_^メ)

夜の西の河原公園

奥の神社がめちゃくちゃ神々しく見えます(;・∀・)

月も綺麗です

夜の西の河原公園
夜の西の河原公園

温泉の流れている地面だけでなく、
周囲の木々もライトアップされるので、
空間全体がいい雰囲気になります

お風呂上がりの夕涼みにおススメです

次回はいよいよ、
様々な草津の温泉について紹介します

ダルク
ダルク

BlogMapの登録してくれると嬉しいです
記事が増えます(/・ω・)/

ダルクのブログ情報 | BlogMap
ブログマップに登録するだけで「Google以外からの検索流入を期待できる」ようになります。ブックマークをしてもらえれば更新情報の通知も届くので、もっとブログ読者を増やせます。
ダルク
ダルク

TwitterInstagramのフォローお願いします

クリック応援励みになります↓


人気ブログランキング

postprimeはコチラ↓

ダルク (@daruk) | PostPrime | お金を増やす、新しいSNS
大手メーカのエンジニア兼オタク/職場で数々の修羅場を乗り越えグローバルに活躍中/資産運用や株式投資、副業を開始し資産を拡大、運用資産総額2000万/ブログ収益受取り達成/雑記を中心に、自身の経験を元とした資産運用やブログ運用の記事を発信していきます

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました