スポンサーリンク

榊原温泉 泉質No.1の神の湯 ~お伊勢参りと温泉むすめ巡り~

榊原温泉 旅行・レジャー
ダルク
ダルク

どうもダルクです
三重県にお伊勢参りをしてきた際、
宿泊した榊原温泉が素晴らしかったので、
紹介します

お伊勢参りの記事はコチラ↓
関連記事

榊原温泉とは

榊原温泉

榊原温泉は七栗の湯(ななくりのゆ)とも言い、
「枕草子」に「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」
と記されてきた「三名泉」の1つに数えられる温泉です

昔は自噴していたようですが、
現在はポンプでくみ上げているそうです

ダルク
ダルク

そのうち枯れてしまうかもしれない…
入るなら今のうちかも

榊原温泉の泉質

榊原温泉は古くから美肌の湯として有名で、
アルカリ性単純温泉で、
トロトロとした肌触りがたまりません

ダルク
ダルク

後述しますが、
私が泊まった榊原館の温泉は、
これまで体験した温泉の中でもNo.1でした

榊原温泉のアクセス

榊原温泉のアクセス

榊原温泉は三重県津市榊原町にあり、
最寄り駅は榊原温泉口になります

アクセスが悪いので、
旅館によっては榊原温泉口駅まで送迎に来てくれます

温泉街は閑散としており、
草津のような繁華街の要素はゼロです

コンビニすらあまりないので、
純粋に温泉に入るためだけの温泉地といった感じです

まろき湯の宿 湯元 榊原舘

まろき湯の宿 湯元 榊原舘

私が榊原温泉で泊まった宿は、
まろき湯の宿 湯元 榊原舘』です

この宿は私のフォロワーさんである、
京都と温泉、そしてクラウドファンディングを愛する、
SALLOWさんに紹介いただきました

今回の旅行の目的地は半分SALLOWさんのお勧めで決まっています

なんという有益アカウントか(;・∀・)

榊原館のお湯ですが、
私がこれまで巡った温泉の中でもNo.1の泉質でした

ダルク
ダルク

正直、ここまで温泉のお湯の違いが判るとは、
思ってもみませんでした

衝撃です(;・∀・)

トロトロの肌触りなのにヌルヌルとした不快感はなく、
湯の中で肌を擦るとまるで剝きたてのゆで卵のような感触がします

美肌の湯とはよく言ったものです

榊原館では、
32℃くらいの源泉かけ流しの湯と、
あたたかく加温しているかけ流しのお湯があります

https://www.yumoto-sakaki.co.jp/hotspring/

源泉は体温より少し温度が低いので、
温水プールのような状態で隣の暖かいお湯と交互に入ることで、
絶品の泉質の温泉を長く楽しむことができます

私は当日のお伊勢参りで軽く熱中症になっていたため、
源泉に2時間くらい漬かってました(*´▽`*)w

ぜひご堪能してほしい温泉です

榊原温泉の温泉むすめ 榊原伊都

榊原温泉にも温泉むすめがいます

温泉むすめとはなんぞ?

って方は↓記事を参照してください
関連記事

榊原温泉の温泉むすめは、
榊原伊都です

温泉むすめ,榊原伊都

きれいな娘ですね

ちなみに上のパネルは津市観光協会で撮影しました

ダルク
ダルク

榊原館にはいなかったので(;・∀・)
コラボ場所はコチラから

当ブログで紹介する温泉むすめはこれで8人目

これまでの温泉地の記事も良ければご覧ください

1人目 雲仙伊乃里

2人目 箱根彩耶

3人目 秩父美祭

4人 目津結衣奈

5人目 伊香保葉凪

6人目 塩原八弥

7人目 鬼怒川日向

一生に一度はお伊勢参りと榊原温泉

おすすめです(/・ω・)/

ダルクのブログ情報 | BlogMap
ブログマップに登録するだけで「Google以外からの検索流入を期待できる」ようになります。ブックマークをしてもらえれば更新情報の通知も届くので、もっとブログ読者を増やせます。
ダルク
ダルク

TwitterInstagramのフォローお願いします

クリック応援励みになります↓


人気ブログランキング

postprimeはコチラ↓

ダルク (@daruk) | PostPrime | お金を増やす、新しいSNS
大手メーカのエンジニア兼オタク/職場で数々の修羅場を乗り越えグローバルに活躍中/資産運用や株式投資、副業を開始し資産を拡大、運用資産総額2000万/ブログ収益受取り達成/雑記を中心に、自身の経験を元とした資産運用やブログ運用の記事を発信していきます

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました