スポンサーリンク

中国滞在記 丹東 鴨緑江 ~北朝鮮を臨む国境~

丹東 鴨緑江 中国滞在記
ダルク
ダルク

你好!!ダルクです(/・ω・)/
現在中国で生活しています

前回からの中国旅行記の続きです

前回の旅館とグルメの記事はコチラ↓
関連記事

今回は、
中国と北朝鮮の国境となる川、
遼寧省丹東市の鴨緑江
のレビューです

鴨緑江 中国と北朝鮮の国境となる川

鴨緑江とは、
中国の遼寧省丹東市にある川になります

丹東市の位置は中国の東で、
北朝鮮のすぐ上になります

そして、鴨緑江は、
中国と北朝鮮の国境をとなっている川
です

中国遼寧省丹東の鴨緑江の場所

この鴨緑江は実は泳いで渡れるくらいには幅が狭いので、
中国の対岸から北朝鮮を見ることができます(+_+)

別に北朝鮮で見たいものなどありませんが、

ダルク
ダルク

日本人で北朝鮮を肉眼で見た人って、
何人いるのかな(;・∀・)?

と考えたら、
無性に見てみたくなったので、
今回、鴨緑江というよりも、
北朝鮮を見に行くことにしました

鴨緑江 北朝鮮を見た

鴨緑江の体験を写真で振りかえっていこうと思います

鴨緑江につくと、
川の周りは小さな公園となっており、
多くの中国人が集まっていました

中国人にとっても人気の観光地のようでしたね

鴨緑江の石板とモニュメント

彼岸花のようなオブジェがお出迎え(=゚ω゚)ノ
蓮の花かもしれないけど(笑)

近くの出店では、
朝鮮の民族衣装がレンタルできました

鴨緑江にある北朝鮮の民族衣装

喜び組が着てそうですね(*´▽`*)w

ダルク
ダルク

残念ながら、
男しかいねぇんだ( ゚Д゚)
なんて華のない旅だ…

お嫁さん募集中ですw
お金持ってます、お金かかりません
手間はかかります

…このくらいにしとこう(;・∀・)

いざ、北朝鮮を臨む

鴨緑江の川辺に移動すると、
中国から北朝鮮に大きな橋が二つ架かっています

鴨緑江に架かる二つの橋と北朝鮮

向かって左側が貨物などを中国から北朝鮮に運ぶ橋、
向かって右側が人が渡る用の橋です

見にくいですが、
右側の人が渡る橋は土台だけ残して、
川の中央で無くなっています

そこがちょうど北朝鮮との国境ですね
うっすら見える対岸が北朝鮮になります

さて、川についたし、
いよいよ北朝鮮を拝ませてもらいましょうかね

どれどれ…

鴨緑江から見た北朝鮮

ほうほう、あれが北朝鮮かぁ~

・・・
・・・・・・・

ダルク
ダルク

で(;・∀・)!?w

なんか変な建物見えますけど、
北朝鮮感ないじゃん

これで終わりは味気なかろうよ

てなわけで、
ちょうどクルージング船が出ていたので、
船で川の中央まで行って、
北朝鮮にもっと近づくことにしました

クルージング船で北朝鮮の国境を越える

いざ、クルージング船で出航です

写真は先ほど説明した、
国境で道が無くなっている橋です

中国から北朝鮮にかかる途中で途切れた橋

ここが中国と北朝鮮の国境なんですね

で、
この角度で写真が撮れたということは、
この船、完全に国境跨いどるやん(;・∀・)

ダルク
ダルク

どうも、北朝鮮に入った日本人、
ダルクです

「見る」から「入る」になっていました(笑)
こんなに中国の国旗が頼もしかったことないですw

中国と北朝鮮を1枚に収めた写真がこちらです

鴨緑江から見た北朝鮮と中国

左が中国、右が北朝鮮です

右の北朝鮮をもっと近くで見てみましょう

鴨緑江から見た北朝鮮

おお!!なんか民家みたいなのが見えます
誰かいないかな(*´▽`*)?

北朝鮮のボロボロの民家

…廃墟なみにボロボロですね(;・∀・)
国境警備の人が住んでいるようでしたが、
屋根の穴を修理してました

ここで、左の中国を見てみましょう

中国のマンションとビル群

うん、

ダルク
ダルク

そりゃ、脱北したくもなるわ(;・∀・)

経済格差と生活水準が違いすぎますね
さながら、中国がユートピアに見えることでしょう

憧れるのもわかる気がします

中国人の観光客も、
結構冷やかしで見に来てるんじゃないかなって思ってしまうほど、
残酷な格差がありますね

ダルク
ダルク

日本の格差なんて、
本当にかわいいもんです

感想・レビュー 鴨緑江

最後に感想ですが、結構楽しめました

丹東の鴨緑江は、
特に美しい景色があるわけでもないのですが、
北朝鮮をその目で見るという、
貴重な経験ができます

おそらく、
北朝鮮に入国できる日本人はほとんどいないでしょうし、
そういった意味でもいいネタになると思います

なにより、
日本のような島国ではまずありえない、
他国を国境を跨いでみることができて、
非常に面白かったです

次回は、
この旅行の最大の目玉

鳳凰山命がけで登山した記事を書こうと思います

ダルク
ダルク

次回もよろしく

前回

関連記事

ブログ村で活動しています(/・ω・)/↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらのクリック応援も励みになります↓


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました