スポンサーリンク

クリーンエネルギー投資の時代は終わったのか ~クリエネ投資の将来性~

クリーンエネルギーの今後の展望 投資
ダルク
ダルク

どうも、ダルクです
今回はクリーンエネルギー分野への投資について、
今後の展望を考えていきます

この記事は一人の個人投資家の、
考察記事としてお読みください

2020年のクリーンエネルギー投資ブーム

クリーンエネルギー分野への投資は、
昨年の2020年は無類の盛り上がりを見せており、
ICLNやQCLNといったクリーンエネルギー系のETFは、
S&P500やハイテクETFのQQQを、
はるかに凌駕するパフォーマンスを見せていました

トランプVSバイデンの米大統領選前は、
バイデン氏のクリーン政策の期待値もあり、
投資界隈ではあらゆるインフルエンサーが、
クリーンエネルギー投資を推奨していました

彼ら曰く、

バイデンが大統領になれば、
クリエネはさらに高騰する!

とのことですが、
バイデン大統領誕生後、
2021年のクリーンエネルギーの株価はどうなったのでしょうか

次の章で結果を見ていきます

バイデン大統領誕生後のクリエネETFの暴落

下記チャートは直近3カ月の、
クリーンエネルギーETF、ICLNと、
VTIのものです

ICLNが緑VTIが水色です

2021年のVTIとICLNのチャート
ダルク
ダルク

はい、大暴落でございます(;・∀・)

ここまで明暗くっきりするもんですね

誰です?
バイデンが勝ったらブーストするって言った人(;・∀・)?

まぁ、もともとあまり信じちゃいませんが、
現状、結構残念なことになっております

実はクリーンエネルギーETFのICLNは、
私も前にETF擬人化シリーズで紹介しています

関連記事

この記事の中で私は、
ICLNを非常に投資冥利のあるETFと紹介する一方で、
以下の提言をしています

ICLNがVOOをアウトパフォームしだしたのはコロナショック後、
QQQをアウトパフォームしだしたのは、直近の5か月間です

3年間安定して成長してきたわけではなく、世界情勢や政治的要因で、
直近の期待感から資金が流れていると判断できます

https://alchemist-of-babylon.com/icln

昨年末時点で、
すでに相当割高だと示唆しています

また、

クリーンエネルギー事業自体は、それほど収益が出る事業ではないので、
行政の支援やCO2排出規制などの政治的規約ありきである

https://alchemist-of-babylon.com/icln

と、大統領戦後の株価の急上昇には疑問視しています

ダルク
ダルク

見返して思ったのですが、
結構まともな分析してました(*´▽`*)(笑)

前々から言っていますが、
インフルエンサーなんて当てにならないので、
絶対に盲信してはいけません

「投資は自己責任」とさえ言っとけば、
何でも言う程度には無責任ですので

私も投資素人なので、
私のこの記事も適当に読んでください(笑)

関連記事

クリーンエネルギーは今後は投資すべきか

太陽光発電, 太陽光発電システム, ソーラー システム, 太陽, 太陽エネルギー, 太陽電池, 発電

さて、過去と現状の整理がついたところで、
今後のクリーンエネルギー分野への投資について、
考察してい行きましょう

未来のことはどうせわからないよ( ・´ー・`)ドヤァ

という人もおるかもしれませんが、
わからないから考えない、
考えることは無駄だという思考は、
私は大嫌いですね(>_<)

わからないから、
考えてみようという趣旨なので(*´▽`*)

話がそれましたが、
改めてもっと長期でチャートを見てみましょう

緑がICLN水色がVTIです

VTIとICLNの長期チャート

2017年からコロナショック直前まで、
ICLNとVTIは似たような傾きで推移してきています

そして2020年2月のコロナショック以降、
ICLNの傾きが急勾配になり、VTIを逆転、
その後暴落していますね

コロナ後の相場が如何に異常だったかわかります(;・∀・)

おそらくですが、
コロナショック前の水準がICLNの適正な水準とした場合、
今後徐々にVTIの水準くらいまで落ちてくるか、
今の位置からしばらく、
VTIと近しい傾きで平行に推移するんじゃないでしょうか

ダルク
ダルク

あくまで素人の予想ですが

これだけ聞くとあんまり投資冥利がなさそうですが、
10年くらいの長期投資を想定した場合、
S&P500やVTIをこれからアウトパフォームするくらいの、
ポテンシャルはあると思います

というのも、
各国の環境負荷低減に対する規制は、
今後ますます厳しくなるからです

先日も某国の環境大臣が、

小泉進次郎 二世のボンボン

「おぼろげながら浮かんできたんですよ、46という数字が」

と信じがたい発言をしたとおり、
定量的になんの科学的根拠もない、
無茶苦茶な目標が政治都合で決められている現状です

政治家が愚かである限り、
今後、クリーンエネルギーへの期待は、
ますます増していくと思います

あとは、SDGsESG投資への時代の時代の流れもあります

少なくとも、10年くらいのスパンでみれば、
日の目を見る可能性は高いと思います

関連記事

ダルクのクリーエネルギーへの投資方針

最後に私の具体的なクリエネへの投資方針ですが、
当分は様子見になります

実はICLNは記事で紹介したこともあり、
ごく少数ですが保有しています

32株で米国ETFのポートフォリオの1%
総資産の0.7%くらいです

2021年5月の米国ETFのポートフォリオ

現時点で全く影響ない程度の保有率ですが、
今持っている分は売却せず
今後の値動きを観察していこうと思っています

積極的に買い向かうことはないと思いますが、
ボラティリティで大きく下がるタイミングがあれば、
スポットで買つけることも検討します

ダルク
ダルク

長期ではまだ上がるかなと思いますが、
焦ることもないというのが、
私の感想ですね

皆さんも自分なりのストーリーを描いて、
投資判断をしてみてはいかがでしょう

だはまた(/・ω・)/

クリック応援励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもお願いします


人気ブログランキング



    コメント

    タイトルとURLをコピーしました