スポンサーリンク

不動産投資の一歩として、初めて不動産仲介業へ訪問してきました

不動産仲介業者を訪問しました 不動産
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/

不動産投資家デビューを目指して、
初めて不動産屋に営業しに行きましたので、

そのご報告記事です

普段はサイドFIRE目指して、
株式投資などしております↓
関連記事

最近、株式への投資に加え、
サイドFIREのための副業、そしてサイドFIRE後の本業として、
不動産投資を勉強始めました

不動産投資をやろうと思ったきかっけ↓

読んだ不動産投資の本のレビュー↓

今回は記念すべき1棟目の購入に向けて、
(投資家として)初めて不動産仲介業者へ訪問したので、
忘却録を残していきます

不動産仲介業者の開拓は重要項目

握手, 仕事, プロフェッショナル

不動産の購入には、
物件の選定、金融機関からの融資、管理会社の選定など、
さまざまな手順を踏まなければなりませんが、
不動産仲介業者の存在は非常に重要です

不動産業者は物件の紹介はもちろん、
場合によっては金融機関や、
管理会社の紹介もしてくれる場合がありますし、
物件購入から管理まで、
幅広く提案をしてくれる場合があります

ダルク
ダルク

本で学べることにも限界があるし、
結局はやってみないとわからないことも多いと思います

色んな投資本にも,

いい不動産業者との関係構築は超重要
積極的に営業をかけよう

なんて唱っています

1棟も保有しない状態で不動産屋に逆営業するのは勇気がいる

とはいえ、
実際にまだ不動産投資を始められていない人が、
不動産業者や金融機関に逆営業するのは、
非常にハードルが高いと思います

ダルク
ダルク

私自身がどうしていいか、
わからなかったぐらいです

この辺、
本業で営業マンならできるんでしょうかね(;・∀・)?

1棟目に向いている物件条件は前提条件で異なる

そもそも、希望物件の条件すら決められていない状態のなか、
(実際には本や動画で学んだ条件に物件がない)
なにを話せばいいのかわからないのですよね

いろんな本や動画で初心者におススメの物件情報をみるのですが、
時代や自分の住んでいる地域の前提条件が違うと、
実際にはまったく適応しそうな物件がありません

株式投資本もそうですが、
米国株や日本株、個別株やETF、
インデックス投資やテクニカル分析を用いたアクティブ運用など、
手法ごとに成功事例はいっぱいあります

不動産投資も、
新築か築古か、都心か地方か、アパートか戸建てか、
など、
いろんな成功事例があるので、
結局何がおススメかというのは正解がないとういうことが、
よくわかりました(;・∀・)

株と同様、どの物件条件が自分に合っているかは、
自分次第と思います
(住んでる地域、性格、目標CF、年収などで最適解は変わる)

そんなこんなで、
不動産業者にコンタクトを取るのに二の足踏んでいましたが
思わぬきっかけで仲介業者を訪問することになりました

はじめて不動産仲介業者を訪問したきっかけ

家具, リビングルーム, モダン, インテリア デザイン, 家, 家の家具, 屋内, 室内装飾, 現代の家

1棟目を購入するにあたり約2カ月程、
書籍や動画などで勉強や情報収集もしているのですが、
並行して物件サイトで物件の目利きの練習をしています

その際、住んでいる近くに高利回り物件があったため、
資料請求をしたところ、
「初めての方なので一度お会いしましょう」
と提案をいただいたので、
営業のきっかけとして訪問してみました

ダルク
ダルク

仲介業者とコンタクトを取るきっかけが欲しかったので、
ちょうどよかったです(*´▽`*)
菓子折り持参で行きました

不動産屋での面談内容と今後の方針

面談の内容としては、

  • このエリアで1棟目に適した物件条件と戦略の提案
  • 紹介できる金融機関で受けられる融資枠の確認のためのヒアリング

でした

ダルク
ダルク

不動産屋が提案してくれた物件条件と戦略は、
もう少し私の中で分析が必要ですが、
なかなか自分には合っている妥当な戦略に思えました

どうやら1棟目購入までは、
色々とサポートいただけるようです

すでに不動産投資をしている人ならともかく、
これから1棟目の購入を検討している私のような素人には、
ノウハウや伝手などがありませんので、
不動産投資全体を通じてサポートしてくれる仲介業者の存在は、
とても大きいです

しかしながら、
不動産投資業界にぼったくりや、
悪徳業者が多いことは様々なトラブルで周知のことですし、
私も自身の引越しなどで嫌というほどわかっています

ダルク
ダルク

下記記事は大昔に書いた記事ですが、
引越の見積もりを仲介業者と交渉して、
半額近くまでディスカウントした話です

関連記事

そういう業界ですので、
相手の言うことを盲目的には信用せず、
提案が妥当かどうかはきちんと判断して、
Win-Winな関係を築いていけたらいいなと思います

ダルク
ダルク

今後は物件の提案も向こうからしてくれるそうです

大分先かなと思っていた1棟目購入も、

なんだか加速していきそうです

焦って失敗しないように、
私も本腰入れていかねばなりませんね

不動産仲介業者から提案された物件情報や投資戦略は、
自分の中で吟味してまた今度にでも紹介したいと思います

ブログ村で活動しています(/・ω・)/↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらのクリック応援も励みになります↓


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました