スポンサーリンク

日本メーカの海外進出に立ちはだかる最大の問題点 ~諸悪の根源は日本人の働き方~

工場 サラリーマン奮闘記
<br>ダルク

ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/

今回は、海外の生産拠点を見てきて、
私が感じた、 

「日本メーカの海外進出に立ちはだかる最大の問題点」
について、実感を元に書いていきたいと思います

はじめましての方ははじめまして
ダルクと申します

プロフィール

某大手メーカーのエンジニアとして、
半年ほど海外の工場で勤務しておりました

短い間でしたが、
海外の生産現場をみて深刻な問題に気が付きました

今回は、日系企業が海外進出するうえで、
最大の障壁になり得る要素
について私見を述べます

ダルク
ダルク

日本と海外の生産現場を見ている、
私の感じたリアルな課題です

国内と海外の拠点をみて気が付いた闇

日本の大手の製造業の多くが、
生産拠点をアセアンなどの海外工場に移しています

今や国内に新規工場を立ち上げる企業は、
あまりないでしょう

弊社も生産拠点はほぼ海外に移っており、
国内の工場をマザープラントとし、
海外工場を支援していく体制になっています

そんななか、中国の工場で深刻な問題が起き、
私は対策のために5ヵ月ほど海外支援に行っておりました
関連記事

そして現地の生産工場の問題をよく見てみると、
日系企業が海外進出するうえで、
障害となる深刻な問題が見えてきたのです

ダルク
ダルク

結論から言うと、
日本人の働き方が諸悪の根源

ということがよくわかりました

くわしく解説します

日系メーカの海外工場が抱える深刻な問題とは

まず、今回海外工場でわかった大きな問題は、

深刻なリソース(人材)不足です

今回、社内で大きな品質問題が起き、
私が調査にいたのですが、
品質不良の原因は、
生産設備の管理不足で片付けられます

やるべき管理がしっかりできておらず、
誤魔化しながら操業していたら不良になった
という、ただそれだけです

そこでその報告を日本にしたところ、

なぜ管理ができていないんだ
仕組みを見直せ!

チェックリストをつくれ!

と、意味不明な指示をしてくるんですが
仕組みやチェックリストなど関係ありません
そもそも人が足りない
それだけなんです

ダルク
ダルク

チェクリスト作ったって、
誰がチェックすんだよって感じです(笑)

まったくわかってません

必然的に起こった品質問題

頭痛の種, 頭の痛み, 痛み, 頭, ストレス, 疲れて, 問題, Dispair, うつ病, 強調, 人

人が足りない中で過剰な業務を押し付けられたとき、
優先順位をつけて仕事するしかありません

となれば、何が優先されるか考えててください
現場の生産技術にとって、

  • 設備が止まって生産ができなくなれば責められる
  • 重要課題が遅延すると責められる
  • 会議の宿題ができていないと責められる

となれば、上記の業務は最優先です

逆に何が後回しになるかと言えば、

  • 壊れてるけど生産には支障がない程度の設備の修理
  • アホみたいに項目が多い設備の管理(チェックリスト)

とかになります
そして、後回しにして挽回する機会はありません

つまり、

今回の品質不具合は起こるべくして起こった

というわけです

そして、的外れな指摘ばかりで人員が増えない限りは、
絶対にまた起きます

ダルク
ダルク

今現在、設備の細やかな管理は出来ていません
数百億の損害を出したクセに、
この期に及んでなぜ人を雇う経費をケチるのか
呆れてものも言えません

どうせまた大きな問題が起きますし、
会社に愛想がつきそうになりました

諸悪の根源は日本人の古い働き方

人材不足を私は必死に訴えたんですが、
国内のお偉いさんには残念ながら響きませんでした

その原因がまた根が深く、

諸悪の根源は日本人の古い働き方

というのがよくわかりました

日本の職場を前提とした海外展開など全く通用しない

とある会議にて

ダルク
ダルク

人員が足りません、
このままでは絶対再発します

人員を増やすのはコストUPだ
だいたい、
マザーの日本工場と変わらないくらい人はいるだろう
なぜ海外だけできないんだ

ダルク
ダルク

コイツ・・・
正気か!?

マザーの日本工場の該当部署は、
私が出張前に勤めている部署で、出張後はまたそこに戻るんですが、

社内でも一番のブラック部署です

  • 社内で最も残業が多く、夜中も休日も呼び出される
  • 常にパンクしており、一部サービス残業で対応している
  • 正月、お盆、GWは設位メンテで基本出勤
  • 職場の環境が物理的に過酷
  • ストレスで新卒が定着しない

関連記事

我々は、
保護されない絶滅危惧種ですw

ダルク
ダルク

同期と話す機会があるんですが、
本当に同じ会社の同じ社員郡なのか?
と思わずにはいられない(;・∀・)

私の部署は何十年も前から、
このような典型的な古い日本の働き方をしています

日本人の旧時代的な献身性に頼り、
どうにもなっていないのを、
どうにかなってるように見せているだけです

ですが、こんな働き方に耐えられるのは、
日本の社畜(自分で言うのもなんですが)だけです

海外は定時になったらみんな帰ります

自分の仕事が終わってなかろうが、
それは上司のマネジメントの問題だと割り切り、
無茶はしないので、

海外では日本の働き方が前提のリソースやロードの考え方など、
全く通用しないのです

ですが残念なことに、
手本となるべき日本の工場が現状の問題点を隠したり、
コストを言い訳に改善に踏み込まないので、
真の問題が顕在化しないことが良くわかりました

ダルク
ダルク

諸悪の根源は日本の職場なのです

日本人の働き方の意識が変わらない限り、
グローバル展開などできない
未来はない

おわりに:本気でサイドFIREしたくなってきた

さて、今回の海外出張を経て、
色んな問題点に気が付いたわけですが、
なんだかもう、会社に愛想がつきかけています(笑)

隔離が終わればまた、
例のブラック部署に戻るわけですが、
私が不在の間の私の業務は誰一人進めていませんし、
余計きつくなるでしょう

関連記事

また、工場が長年進めれていなかった、
難易度の高いプロジェクトの担当になったんですが、

めっちゃ遅れてるから、
急いでやれよ!!

的なことを、
今まで長年放置してきた上司に言われたので、

ダルク
ダルク

鏡に向かって言えよ!!

と言いかけました(笑)

ほんとこれ

今の部署に移動してきてから、
先人たちが作ってきた文化に苦しめられ、
仕事内容は先人の借金の尻ぬぐい

なかなか馬鹿らしくなってきてます

ダルク
ダルク

大企業のくせに、
一人に頼りすぎだろ(;・∀・)

私はスーパーマンじゃないよ(笑)

話は変わりますが、
私は資産運用でサイドFIREを目標に掲げており、
つい最近目標金額の半分に到達しました

関連記事

サイドFIREを目指す目的は人それぞれですが、
私の場合、人生の選択肢が欲しくて目標にしているだけで、
仕事辞めたいとか、働きたくないという動機はありませんでした

今の仕事があまりにも大変で、
やりがいもなくなった時に、
自分で事業を起こしてやりたいことで食べていける
そんな環境を手に入れたかったわけです

関連記事

極端な話、
今の会社を定年まで続けるのもアリだと思っていましたし、
多分そうなるかもなとも思ってました

ですが今回の件で、

ダルク
ダルク

本気で会社辞めようかな(;・∀・)

とか考え始めました

これだけの問題が起きても変わらない職場、
延々と引き継がれる”現役責任”と借金

私が管理職になるころには、
無数の爆弾が爆発してもはやごまかせない状況になっているハズです

それでも言われるは、
”現役責任”

これ以上、貧乏クジひかされるのは、
勘弁してほしいのが正直なところ(笑)

ダルク
ダルク

SNSで”会社脱出”とか言ってる人いますけど、
浅い、浅すぎる(;・∀・)

これこそ、
本当の意味で、
逃げないと殺されるかもしれない状況なのだ

どの日本の製造業も旧時代を引きづっている

で、多分ですが、
弊社だけじゃなく、
どこの日本の製造現場でも同じことがいえるんじゃないかなと思います

日系企業の品質偽造の不祥事が後を絶ちませんが、
絶対どこも似たような感じじゃないですかね

検査してないとか特に

検査は付加価値を付与しないんで、
一番投資がされないところです

投資を回収しろと言われても、
利益生まないんわけですから、
稟議が通らない

何をするにも二言目にはコスト、コスト、
闇が深いですね、日本の製造業

ひとまず、私が日本の製造業の個別株に投資する機会は、
永遠に来ないかもしれません

ブログ村で活動しています(/・ω・)/↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらのクリック応援も励みになります↓


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました