スポンサーリンク

[VIG]米国連続増配株で構成される長期保有に最適なETF (ツンデレETF)

VIG御坂美琴 ETF
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/

ETF擬人化企画第4弾、
連続増配ETF、VIGについて解説します

今回はFIREの民にも人気な、
米国連続増配企業で構成されるETF、[VIG]です

ダルク
ダルク

解説には、
VIG役の御坂美琴さんに来ていただきました

VIG:美琴
VIG:美琴

よろしくね

ちなみにダルクは愛着を持つために、
保有ETFをアニメやゲームのキャラに擬人化しています(*´▽`*)
VIGは、とある科学の超電磁砲の御坂美琴です

詳しくはコチラの記事を読んでいただけると、
話に入りやすいと思います(/・ω・)/

関連記事

VIG(バンガード・米国増配株式ETF)とは

まずは、VIGの特徴について紹介します(/・ω・)/

VIGの連動指数と構成銘柄数

VIGの連動指数は、
NASDAQ US ディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックスです

なんやそれ?
って感じですよね(;・∀・)

構成銘柄を見るとわかりやすいのですが、

VIGは10年以上連続して増配の実績を持つ、
米国普通株で構成されたETFです

ダルク
ダルク

10年以上に渡り増配してくれている、
財務優良な企業の集合体と言えます

まさにエリートETF(+_+)

10年連続増配の実績は、
長期投資するうえで非常に信頼性の高い指標と言えます

VIG:美琴
VIG:美琴

リーマンショックとコロナショック経ても、
増配を続けた信頼と実績は伊達ではないわ


将来にわたり安定した利益を約束するわよ

組み入れ銘柄数は、
連続で10年以上増配する企業なので、
時期によって異なりますが、
2020/9時点で212銘柄です

ダルク
ダルク

さすが米国、
10年以上増配している銘柄が212もあるのか(;・∀・)

保有銘柄シンボルファンド構成比
Microsoft Corp.MSFT4.58300 %
Walmart Inc.WMT4.35200 %
Procter & Gamble Co.PG4.05600 %
Johnson & JohnsonJNJ3.92500 %
Visa Inc. Class AV3.63700 %
Home Depot Inc.HD3.62700 %
UnitedHealth Group Inc.UNH3.59800 %
Walt Disney Co.DIS2.64500 %
Comcast Corp. Class ACMCSA2.43600 %
PepsiCo Inc.PEP2.39600 %
VIGの上位組み入れ銘柄10位

米国の財務優良企業がズラリと並びます(+_+)
ハイテクグロース株であるマイクロソフト
スーパー最大手のウォルマート
高配当常連のジョンソン&ジョンソン
世界最大のアミューズメントのディズニーなど、
まさに世界選抜並みのメンツです(=゚ω゚)ノ

VIG:美琴
VIG:美琴

何があっても潰れないような、
安定成長企業だけで構成されているのが最大の特徴よ

逆にいえば、
あまり成長性のない極端な高配当銘柄や、
GAFAMというような、正当なグロース株は含みません

(マイクロソフトは入ってますが)

VIGの構成セクター

VIGのセクターバランス

上位セクターは、消費サービス、資本材、ヘルスケアとなっています

利益率が高く、
生活に密接に関わるセクターの比率が高い傾向がありますね

ダルク
ダルク

10年以上の連続増配実績の企業と言うことで、
安定的で底堅い印象のセクター比率が高いと思います

VIGのリターン・分配金利回りと増配率

次に、VIGのトータルリターン、
分配金利回りと増配率について見て行きましょう

VIGのトータルリターン VTIとVYMとの比較

まずトータルリターンを、
王道インデックスETFのVTI、
王道高配当ETFのVYMと比較します

VIGとVTI、VYMのチャート比較
2016~2020年のVIGのチャート

2016年からのチャートがコチラ

緑がVIG青がVTI

黄色がVYMです

VIGは長期に渡り、
VTIと同等の高いトータルリターンを誇ります

VIG:美琴
VIG:美琴

GAFAなんて含まなくても、
市場平均くらいの成績余裕なのよ

ダルク
ダルク

ハイテクが少ないのに、
このトータルリターンはマジで凄い(;・∀・)

分配金再投資したVYMより、
トータルリターンは完全に上ですね(*’▽’)

ちなみに、財務安定企業の集合体なので、
暴落局面ではVTIやVOOよりも下落幅が小さいという特徴もあります

VIGの分配金利回り VTIとVYMとの比較

次に、VIGの分配金利回りをVTIとVYMと比較します

銘柄分配金利回り[%]
VIG 1.72
VTI 1.67
VYM 3.53
VIGの分配金利回り 2020/9/5時点

VIGの分配金利回りは、1.72%となっています

連続増配銘柄という割には、
VTIと同じくらいの水準で、
代表的な高配当ETFのVYMと比較しても、
決して分配金利回りは高くないのがわかります

ダルク
ダルク

VIGは連続増配ETFであっても、
高配当というわけではありません

VIG:美琴
VIG:美琴

VTIとVOOみたいに、
トータルリターンをとりに行くETFね

VIGの増配率 VTIとVYMとの比較

さて、お楽しみの増配率を見て行きます(/・ω・)/
どん!!

銘柄増配率[%]
VIG 6.23
VTI 9.24
VYM 8.34
VIGの増配率2015~2019

あれ(;・∀・)!?

めちゃくちゃ意外かもしれませんが、

VIGは連続増配銘柄のETFでありながら、
増配率も決して高いわけではありません

ダルク
ダルク

どゆこと(;・∀・)?

VIG:美琴
VIG:美琴

別に…
10年以上増配してる銘柄で構成してるだけで、
必ずしも増配率が高いわけではないのよ!!

個人的には将来の配当利回りを狙うというより、
増配銘柄=安定したキャピタルゲインを狙える

というところに期待するETFかなと思います

VIGの経費率 VTIとVYMとの比較

最後に経費率です

銘柄経費率[%]
VIG 0.06
VTI 0.03
VYM 0.06
VIGの経費率

経費率はVYMの経費率と同様0.06%と、
十分低い水準ですね(*´▽`*)

VIGの運用目的と目的別おススメ運用法

さて、ここまでVIGの特徴を述べてきましたが、

・キャピタルゲイン狙いのETFでありながら、
 GAFAなどの大型グロース株を含まない

・連続増配ETFでありながら、
 分配金利回りと増配率は高くない

など、若干あまのじゃくなETFだと思いませんか(;・∀・)?

キャピタル目的なのか、インカム目的なのか?

どういう資産運用を目指す人が、
どのようなスタンスで運用するのか結構難しいんですよね

ダルク
ダルク

向き合い方が難しくて、
ダルクはツンデレETFと呼んでいます

VIG:美琴
VIG:美琴

ツンデレ言うな!!

とはいえ、
VTIに並ぶめちゃくちゃ優秀なETFには変わりないので、
私が目的別に運用例を考えてみました

VIGの運用例①:VIG+VTI 長期で安定した資産最大化を狙う

VIGは高いトータルリターン暴落耐性を持つため、
長期で安定して資産の最大化を図るのに最適なETFと言えます

VTIとどちらをコア資産にするかは好みによりますが、
私は時価総額に追従する王道ETFであるVTIをコアにしています

小型株やGAFAMなどのハイテクグロース株を多く含むVTIと、
連続増配の安定銘柄だけで構成されるVIGを組み合わせることで、

高いトータルリターンと暴落耐性を備えた、
長期の資産形成に向いたポートフォリオを組むことができます

VTI:セイバー
VTI:セイバー

私が「攻め」、VIGが「守り」ですね

関連記事

VIGの運用例②:VIG+VYM 10~20年後に堅実にインカム最大化を狙う

王道高配当ETFのVYMと組み合わせ、
長期でインカムゲインの最大化安定した資産形成を狙えます

VYMは高配当・増配・キャピタルゲインを全て兼ね備えており、
長期でインカムゲインを狙うのに最適なETFです

VIGでトータルリターンの増加と、
高配当の弱点である暴落耐性を補完することで、

長期でより安定した高配当ポートフォリオを組むことができます

長期目線ですので、
早期に仕込んだVIGの高配当化も見込めるかもしれません

VYM:アスナ
VYM:アスナ

私をもっとキャピタルより、ディフェンシブにしたのが、
VIGってイメージだね
組み合わせて、ちょうどいい割合を見つけてね

関連記事

VIGの運用例③:VIG+SPYD 10年後にFIREを狙う

とにかくインカムを増やしたい、
でも含み損は嫌だ!!
暴落は怖い!!

そんな人は、

配当利回り最高のETFであるSPYDとVIGを組み合わせることで、
高配当ポートフォリオの弱点である含み損のリスクを低減できます

SPYD:天龍
SPYD:天龍

インカムは任せとけ!!
……あとは任せた(=゚ω゚)ノ

関連記事

まとめ:VIGは目的により様々な運用が可能な優良ETF

最後にVIGの特徴をまとめます

VIGは10年以上連続増配の銘柄で構成されたETF

VTIやS&P500に匹敵するトータルリターンを見込める

財務優良企業で構成され、高い暴落耐性を備えるためポートフォリオの安定性を高めることができる

分配金利回りと増配率は決して高くない

そのうえで、
若干運用スタンスが難しいが、

目的に応じて様々な役割が可能な優良ETFと言える

以上です(=゚ω゚)ノ

君はこのエリートツンデレETFを、
どう使いこなすのか(+_+)

VIG:美琴
VIG:美琴

ちょとめんどくさいかもだけど…
長期のパフォーマンスと信頼性は負けないわ

だから…
最後まで、付き合ってあげるわよ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました