スポンサーリンク

【HDV】ディフェンシブでありながら高いリターンを期待できる、個性派米国高配当ETF

HDV羽川 ETF
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/
ETF擬人化シリーズ第5弾、
VYM、SPYDなどの高配当ETF御三家の一角、
【HDV】について紹介します

ちなみに私のブログでは、
保有ETFに愛着を持つために、
ETFを銘柄ごとにアニメやゲームのキャラに擬人化してます

ダルク
ダルク

HDVのイメージキャラは、
「物語シリーズ」の羽川です(/・ω・)/

今回は何でも知ってる羽川さんに、
解説の助手にきてもらいました

HDV:羽川
HDV:羽川

何でもは知らないわよ、
知ってることだけ…
まぁ、よろしく

擬人化シリーズは以下の記事にまとめています
先にコチラを読んでいたらけると、
話に入りやすいと思います(*´▽`*)

関連記事

HDV iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF とは

まずは、HDVの特徴について説明します

HDVの連動指数と構成銘柄数

HDV iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFとは、
ブラックロックが運用する米国高配当ETFで、
モーニングスター配当フォーカス指数に連動した投資成果を目指すETFすです

ダルク
ダルク

このモーニングスター配当フォーカス指数と言うのが、
非常に曖昧でわかりにくいです

教えて羽川先生(/・ω・)/

HDV:羽川
HDV:羽川

モーニングスター配当フォーカス指数とは、
財務健全性が高く持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、
優良な米国籍企業75銘柄で構成されていて、
配当として支払うことのできる、
資金余力によってウェイト付けを行っています

VYM、SPYDなどが、スマートベータとはいえ、
明確な選定基準の指数に連動ており、
インデックスの特性が強いのに対し、
HDVは連動指数が若干裁量の余地があり、
アクティブファンドの側面があります

HDVも通常、
約70~80社の財務優良で健全性の高い高配当銘柄が採用されています

ダルク
ダルク

ファンドの銘柄組み換え頻度も多く、
VYMやSPYDよりもアクティブファンドのような特徴があります
この個性的で癖のあるところが、
HDVの特徴や魅力です(*´▽`*)

HDVの組み入れ銘柄上位10社

それではHDVの組み入れ上位銘柄10社を見ていきます

HDVの構成上位10銘柄 2022/1//13
HDVの構成銘柄 上位10 2022/1//13

上位は連続増配企業が多く含まれます

セクターの項目でも触れますが、
エネルギーとヘルスケア、生活必需品セクターなど、
比較的ディフェンシブで底堅いセクターが多い印象です

ちなみに後述しますが、
HDVは銘柄組み換え回数が年4回と、
VYMの1回、SPYDの2回よりも多いのも特徴です

ダルク
ダルク

アレ?
羽川また髪型変えた??

HDV:羽川
HDV:羽川

イメチェン♪

HDVの構成セクター

HDVの構成セクターを見ていきましょう

HDVの構成セクター
HDVの構成セクター

ヘルスケア、エネルギー、生活必需品のセクターが上位で、
全体の53%以上を占めます

VYMとSPYDが金融セクターがトップなのに対して、
HDVの金融セクターの比率は高くありません

ダルク
ダルク

他の高配当ETFと組み合わせたとき、
セクターの重複はる程度避けられます

HDVの経費率

HDVの経費率は0.08%と、
非常に低い水準です

他の高配当ETFと比較すると若干高いですが、
誤差の範囲だと思います(/・ω・)/

年4回も組み換え銘柄を入れ替えてる割には、
格安だと思います

HDV:羽川
HDV:羽川

年に4回も銘柄を組み替えてるから、
結構お手入れに手間がかかるのよ…

HDVの分配金利回り 

高配当ETFということで、
肝心の分配金利回りを見ていきましょう

2022年1月時点で、
HDVの分配金利回りは3.47%と高い水準にいます

ダルク
ダルク

時期にもよりますが、
HDVの分配金利回りは、
VYMとSPYDの中間のようなイメージです

HDVのパフォーマンス VYM,SPYDとの比較

次に、HDVのパフォーマンスを、
VYM,SPYDと比較していきます

HDVのチャートとトータルリターン VYM、SPYDとの比較

HDVの3年間のチャートとトータルリターンを、
VYM,SPYDと比較します

緑がHDV
青がVYM
黄色がSPYD

HDV、VYM、SPYDのトータルリターンと3年間のチャート

SPYDが比較的新しいETFなので、
3年間の成績で比較しています

HDVの3年間のトータルリターンは、
31.0%となっており、高配当ETFとしてはかなりのリターンです

とはいえ、
VYMはおろかSPYDをアンダーパフォームしているのは、
少し意外でした

ダルク
ダルク

てかやっぱり、
トータルリターンで見たとき、
VYMの優秀さが目立つ(;・∀・)

VYM:アスナ
VYM:アスナ

妻だからね

関連記事

HDV、VYM、SPYDはコロナショック直前までは、
同様の傾向がありましたが、
コロナショック後に明暗が分かれた感があります

高配当銘柄にフルコミットしたETFであるSPYDが、
コロナショックで大きく暴落ししばらく回復しなかったのに対し、
約400社に分散させるVYMや、
頻繁に銘柄入れ替えを行い、
ディフェンシブ銘柄をアクティブに選定しなおすHDVは、
比較的短い期間でコロナショック前まで回復しています

HDV:羽川
HDV:羽川

ディフェンシブ銘柄による構成と組み換えにより、
ボラティリティの低さには自信あるわよ

ただ、直近はハイテクセクターから、
バリュー株に資金が流れた関係で、
SPYDをアンダーパフォームしているようです(;・∀・)

HDV分配金利回り VYM、SPYDとの比較

高配当ETFということで、
肝心の分配金利回りを他の高配当ETFと比較します

シンボル分配金利回り[%]
HDV3.47
VYM2.76
SPYD3.56
分配金利回りの比較 2022.1

やはりVYMとSPYDの中間と言ったところですね

これは、VYM、SPYDの構成銘柄の選定基準を考えれば、
自明の理とも言えます

次に過去からの分配金利回りの推移も載せます

HDV、VYM、SPYDの分配金利回りの推移と比較

一度大きく低下しましたが、
大体3%以上を維持していますね

ダルク
ダルク

純粋にインカムゲインを追求するなら、
SPYDが頭一つ抜けてます

SPYD:天龍
SPYD:天龍

おう!
キャッシュフローなら任せな

関連記事

HDVの増配率 VYM、SPYDとの比較

高配当ETFを比較するうえで重要な要素は、
増配率です

長期の運用になればなるほど、
直近の分配金利回りよりも、将来の分配金利回りが重要となるからです

2012年からの増配率を比較すると、

シンボル増配率[%]
HDV7.87
VYM9.48
SPYD1.45
高配当ETFの増配率

となります

※ちなみにSPYDは設定日が浅いので、
2016年からの統計になります

ダルク
ダルク

ここでもVYMの増配率の高さが目立ちますが、
HDVも高い増配率を誇ります

逆に、SPYDはあまり増配は期待できないETFとなっています

ちなみに、
高配当ETFの買い付けタイミングに悩んでいる人も多いと思いますが、
HDVも基本増配を繰り返しているETFなので、
目先の分配金利回りに関わらず、早く買い付けた方が有利です

ダルク
ダルク

HDVなどの高配当ETFのおススメ買い付けタイミングは、
下記記事で詳しく解説しています(*´▽`*)

関連記事

HDVを運用するメリット 

以上を踏まえHDVを運用するメリットと、
おすすめな人を分析してみます

高いインカムを得ながらも、含み損は抱えにくい

HDVは高い分配金利回りと、
ディフェンシブで底堅い値動きが魅力です

ダルク
ダルク

VYMの分配金利回りでは物足りない!!
でもSPYDみたいに含み損は抱えたくない!!

っていうワガママな人にとっては、
HDVは非常に良い選択肢といえます(*´▽`*)

HDV:羽川
HDV:羽川

VYMよりインカムゲイン寄りだけど、
高配当の割に暴落耐性が高いのが魅力よ

トータルリターンも期待できるので、

中長期でセミリタイアやFIREを目指す方に、
最も適したETFのひとつと言えます

関連記事

ダルク
ダルク

ちなみに私は長期の投資を想定しており、
トータルリターンと増配率を重視しているので、
VTI、VYMをメインにしています

関連記事

関連記事

SPYDとセクターの相性がいい

セミリタイアやFIREを目指す高配当投資家が好むETFとして、
SPYDがあげられます

SPYDは圧倒的な分配金利回りを誇る反面、
セクターの偏りが多く、トータルリターンも劣後し、
暴落耐性が低いことでも知られています

HDVはセクターがSPYDとあまり重複しておらず、
ディフェンシブな特徴もあるので、

HDVとSPYDを組み合わせることで、
利回りを高いまま維持し、

SPYDの弱点である暴落耐性を補うことができます

ちなみにコチラがHDVとSPYDのセクターです

HDVとSPYDのセクター分散
ダルク
ダルク

金融、不動産が高く、
HDVの少ないセクターを補完できます

とてもいい感じにセクター分散できますね(/・ω・)/

まとめ:HDVはインカムと安定感のバランスの取れた高配当ETF

最後にまとめます

中長期でセミリタイアやFIREを目指す方に、最も適したETFのひとつ

組み換えが多く、高い配当利回りを維持しつつ暴落耐性を備えている

SPYDと相性が良く、組み合わせることで互いの弱点を補完できる

以上となります(/・ω・)/

HDV:羽川
HDV:羽川

何でもは知らないけど…
組み入れ銘柄は私がしっかり管理するわ
だから安心して私に任せてね

応援クリック励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもよろしければお願いします↓


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました