スポンサーリンク

経済的自由を目指す、見習い錬金術師のポートフォリオ2021/10 ~リベ大生のサイドFIRE挑戦記~

2021年10月のポートフォリオ ポートフォリオ
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/
定例の資産運用報告をしていきます

前回の運用報告はコチラです↓
関連記事

まず、私の投資目的の確認です

私の目的は10年でのサイドFIREです

ダルク
ダルク

サイドFIREとは、
生活費の半分くらいを株の配当などの、
不労所得で賄える状態のことです

興味がある人は、下記にまとめています
関連記事

具体的には40歳到達時点で、
金融資産3000万円を目標としています

ちなみに今は運用2年目です

2020年12月時点の進捗は以下の通りです↓
関連記事

私がサイドFIREを目指す理由としては、
人生の選択肢が欲しいからです

将来は自分の事業を持ったり、
趣味を中心にいろんな挑戦をしたいと思っています

ダルク
ダルク

実家の農家を一部継ぐのも、

その選択肢の一つです

関連記事

総資産のアセットアロケーション

では9月末の定期買い付けを終えた、
2021年10月の総資産のアッセットアロケーションを示します

現金預金、持株会、ETF、国内株式、つみたてNISA、企業型DC、
で分類しています

ダルク
ダルク

PFの59%を占める米国ETF(一部国内含む)は、
毎月末に買い付けアクティブ運用していますので、
後ほど詳しくご紹介します

持株会と企業型DC(確定拠出年金)、
つみたてNISAは、
ドルコスト平均法により定期定額積立を実施しています

キャッシュポジションが低いため、
最近の株価低迷を受けています

入金力でトントンくらいですね

米国ETF以外の定期積立

まずはアクティブ運用している、
米国ETF以外の定期積立の状況を紹介します

今月の米国ETF以外の投資は、

投資信託は楽天VTI33,333円をつみたてNISAで継続、
従業員持株会1,000円を積み立て、
企業型DC6,500円積み立てを実施しました

ダルク
ダルク

ここはもう全自動です
淡々と積み立てるのみ

前年同月比 

この資産運用報告も、
おかげさまで1周年を達成したので、
前年同月比を報告しています

前年同月の資産運用報告はコチラ↓

アセットアロケーション比較

まずは2020年10月のアセットアロケーションの比較です

2020~2021年のポートフォリオの推移

2020年はまだ現金比率が高いのですが、
1年かけて時間分散しながら、
キャッシュポジジョンを15%程度まで下げてきました

アクティブ運用する米国ETFも、
34%から60%程度まで大きくなりました

ダルク
ダルク

キャッシュポジジョンを下げつつ、

アクティブ運用の米国ETFを買い増し、
持株会の依存度を下げることができています

ちなみに、
今のキャッシュポジションはポートフォリオの何%目標と言うわけでなく、
生活防衛資金+趣味予算なので、
資産額が増えていけば相対的に割合は下がってきます

資産額推移

資産総額の比較です

2020~2021年の資産総額の推移

前年同月比で+450万くらいですかね(/・ω・)/
まぁまぁ順調なんではないでしょうか

社会人5年で1000万貯金しましたが、
運用1年目で1500万まで資産を増やすことができました

相場が堅調だったのもありますが、
これまでよりかなり速いペースで資産形成できています

ダルク
ダルク

常にこうありたいですね(*´▽`*)w

新入社員が5年で1000万貯めた方法↓

資産運用1年目で1500万円達成した方法↓

サイドFIREを目指す米国ETFのポートフォリオ 2021,10

さて、ここから運用のメインにしている、
米国ETFの運用状況を説明します

積み立て米国ETF一覧 ~2021,10~

2021年8月の買い付け銘柄は、

VTI ・・・  5株
VYM  ・・・ 5株

となります

私の基本投資方針は、

VTIをコア資産として定期買い付けしていき、
VYMをサブでアクティブ投資してく

というものです

サイドFIREへ向けた資産形成の前半は、
インデックスのVTIメインで買い付けていき、
目標額に近づくにつれ高配当のVYMの比率を高めていく方針です

関連記事

今回もその方針に従い、
VTIとVYMをそれぞれ買い付けています

ダルク
ダルク

VTIとVYMをメインにしている理由は、
個別記事に書いています
コチラも合わせてご覧ださい

ダルク名物”ETF擬人化シリーズ”です

ダルク
ダルク

今みたいに相場が読めない時は、
VTIとVYM一択です(*´▽`*)
余計なことしない

米国ETFのポートフォリオ 2021,10

さて、買い付けを受けての2021年9月の、
米国ETFのポートフォリオがこちらになります↓

2021年10月の米国ETFのポートフォリオ

[1541]はプラチナ上場投資信託です
国内ETFですが、アクティブ運用しているETFなので、
米国ETFのポートフォリオに含んでいます

VTIVYMがメインで全体の76%、
約9割の投資先が米国株、3%が新興国
3%が債券、7%がコモディティとなっています

基本的には前述したとおり、
インデックス+高配当の米国株を主体とし、
債券、ゴールド、プラチナ、コモディティと、
資産クラスを分散させています

ダルク
ダルク

分散はきちんと効果が見込めるよう、
債券とコモディティにも投資しています

VIG、HDV、SPYDも運用の過程で保有しており、
今持っている分は売却せず保有しますが、
現在の買い付けは
VIG⇒VTI
HDV、SPYD⇒VYM
で統一しています

関連記事

米国ETF保有銘柄数と評価損益一覧

保有銘柄の株数と評価損益一覧は以下の通りです

銘柄保有数評価額 [円]評価損益 [円]利回り[%]
VTI2095,223,4991,098,88426.64
VYM1501,742,070232,62020.60
VIG17292,76489,28442.86
HDV15159,00216,32211.44
SPYD66291,11477,37336.20
QQQ7279,91079,44139.63
ICLN3277,340-20,566-21.01
VWO42233,328-4,160-1.75
TLT18290,46119,0057.00
IAU66244,1031,2880.53
GSG80151,25328,17122.89
154153169,6006,9754.29

ちなみに配当分は加味していません

中国株価の不安定さでVWOが無事にマイ転(;・∀・)

概ね小さく下げたのに対し、
コモディティETFのGSGは堅調に伸びました

関連記事

2021年運用成績と資産の推移

さて、2021年の資産運用推移をまとめます

資産総額の推移

まず総資産の推移です
あと9~8年で3000万が目標金額です

2021年の資産総額の推移

先月からほぼ変わりませんが、
2万ほど増えました(;・∀・)

キャッシュポジション15%の割に、
入金力で耐えた感じですかね(´・ω・`)w

分配金の推移

さて、最終目標がサイドFIREなので、
最終的にはインカムゲインが重要になります

私の投資戦略は、
インデックスと高配当のハイブリットなのですが、
今は資産総額3000万円を目標にしているため、
インデックスメインで積み立てており、
分配金の目標は定めていません

ダルク
ダルク

分配金ベースの目標ではなく、
あくまで目標金額をベースにしています

これは、インカムゲインを追求しすぎて、
投資元本を毀損するのを防ぐためです

用目標金額に近づくにつれ、
インカムの比率を上げていくつもりですが、
先月から現時点での分配金も把握していくことにしています

現在の年間分配金は、
221,764円です

2021年の分配金の推移

大分株価が下がったので、
VYMが買い付けやすくなってきました(*´▽`*)

ちなみに高配当ETFの最適な買い付けタイミングを、
模索している人盛ると思いますが、
VYMの最適な買い付けタイミングは常に”今”です

ダルク
ダルク

詳しくは以下に解説しています

今後の投資方針まとめ :サイドFIREへ向けて

最後に今後の投資方針について述べます

大きくは変更ありません

株価が不安定な時こそ
基本に忠実にVTIとVYMをコツコツ買い付けていきます

  • 引き続きVTIをコアとして、定期積み立てをしていく
  • VYMもサブとして積極的に買い付けていく
  • VWOで新興国の動向をチェックしておく
  • 債券、コモディティも割安そうなら買増す
  • 現金を少し多めに残すことも意識する

ではまた(/・ω・)/

クリック応援励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもお願いします


人気ブログランキング



    コメント

    タイトルとURLをコピーしました