スポンサーリンク

経済的自由を目指す、見習い錬金術師のポートフォリオ2022/1 ~ダルクのサイドFIRE挑戦記~

2022年1月の米国ETFのポートフォリオ ポートフォリオ
ダルク
ダルク

どうもダルクです(/・ω・)/
定例の資産運用報告をしていきます

前回の報告はコチラ

2021年最後の買い付けを行いましたので、
これで今年も最後の定期報告です

投資目標・目的の確認:10年以内のサイドFIRE

まず、私の投資目的の確認です

私の目的は10年でのサイドFIREです

ダルク
ダルク

サイドFIREとは、
生活費の半分くらいを株の配当などの、
不労所得で賄える状態のことです

興味がある人は、下記にまとめています
関連記事

具体的には40歳到達時点で、
金融資産3000万円を目標としています

私がサイドFIREを目指す理由としては、
人生の選択肢が欲しいからです

将来は自分の事業を持ったり、
趣味を中心にいろんな挑戦をしたいと思っています

ダルク
ダルク

実家の農家を一部継ぐのも、

その選択肢の一つです

関連記事

総資産のアセットアロケーション

では12月末の定期買い付けを終えた、
2022年1月の総資産のアッセットアロケーションを示します

202年1月の総資産のアセットアロケーション

現金預金、持株会、ETF、国内株式、つみたてNISA、企業型DC、
で分類しています

ダルク
ダルク

PFの61%を占める米国ETF(一部国内含む)は、
毎月末に買い付けアクティブ運用していますので、
後ほど詳しくご紹介します

持株会と企業型DC(確定拠出年金)、
つみたてNISAは、
ドルコスト平均法により定期定額積立を実施しています

年内に運用資産総額1700万円到達です

ありがとう、2021年
いい相場でした(/・ω・)/

米国ETF以外の定期積立

まずはアクティブ運用している、
米国ETF以外の定期積立の状況を紹介します

今月の米国ETF以外の投資は、

投資信託は楽天VTI33,333円つみたてNISAで継続、
従業員持株会1,000円を積み立て、
企業型DCも6,500円積み立てを実施しました

ダルク
ダルク

ここは、淡々と積み立てるのみ

サイドFIREを目指す米国ETFのポートフォリオ 2022,1

さて、ここから運用のメインにしている、
米国ETFの運用状況を説明します

積み立て米国ETF一覧 ~2022,1~

2021年12月の買い付け銘柄は、

VTI ・・・  3
VYM  ・・・ 4株

TLT ・・・ 4株

となります

私の基本投資方針は、

VTIをコア資産として定期買い付けしていき、
VYMをサブでアクティブ投資してく

というものです

サイドFIREへ向けた資産形成の前半は、
インデックスのVTIメインで買い付けていき、
目標額に近づくにつれ高配当のVYMの比率を高めていく方針です

関連記事

今回は原則に則り、
VTIとVYMのみ買い付けました

ダルク
ダルク

2022年も基本この方針で行きます

VTIとVYMをポートフォリオのコアに据える理由は、
下記で解説しています

関連記事

ダルク名物”ETF擬人化シリーズ”です

米国ETFのポートフォリオ 2022,1

さて、買い付けを受けての2022年1月の、
米国ETFのポートフォリオがこちらになります↓

2022年1月の米国ETFのポートフォリオ

[1541]はプラチナ上場投資信託です
国内ETFですが、アクティブ運用しているETFなので、
米国ETFのポートフォリオに含んでいます

※PIOは割合が少なすぎて0%表記になってます

VTIVYMがメインで全体の76%、
約9割の投資先が米国株、2%が新興国
3%が債券、7%がコモディティとなっています

基本的には前述したとおり、
インデックス+高配当の米国株を主体とし、
債券、ゴールド、プラチナ、コモディティと、
資産クラスを分散させています

ダルク
ダルク

分散はきちんと効果が見込めるよう、
債券とコモディティにも投資しています

VIG,HDV,SPYDは売らずにホールドしていますが、
特に買い増す予定はありません

関連記事

今回は米国長期債券ETFであるTLTを買い付けました

2021年はどう考えても株価が上がりすぎましたので、
2022年は大きな暴落もあると予想しています

株式の暴落に備えて、
2022年は債券の買い付けも進めていこうと思います

関連記事

TLTの個別記事はコチラ

米国ETF保有銘柄数と評価損益一覧

保有銘柄の株数と評価損益一覧は以下の通りです

銘柄保有数評価額 [円]評価損益 [円]利回り [%]
VTI2186,160,5841,710,30738.43
VYM1602,113,406428,30625.42
VIG17335,642132,16264.95
HDV15174,10231,42222.02
SPYD66319,029105,28849.26
QQQ7322,533122,06460.89
ICLN3278,113-19,793-20.22
VWO42239,7072,3651.00
PIO10498562,0664.32
TLT18374,47934,20510.05
IAU66262,59118,4887.57
GSG80158,73235,65028.96
154153177,02014,3958.85

年末にかけて全体的に株価が上がりました

毎月買い足しても保有来の利回りが38%のVTIのパフォーマンスが光ります

VYMとHDVを比較しても、
この運用報告を書いて以降1度も追加購入していないHDVを、
毎月買い付けているVYMが利回りで上回っているのは、
流石としか言えません

VTI役:セイバー
VTI役:セイバー

長期の投資において、どのような局面でも、
約束された勝利を誓いましょう

VYM役:アスナ
VYM役:アスナ

VYMの買い付けタイミングは、
常に”今”よ

関連記事

2021年運用成績と資産の推移

今年最後になりますが、2021年の資産運用推移をまとめます

資産総額の推移

まず総資産の推移です
あと9~8年で3000万が目標金額です

2021年の資産総額の推移

年末の最後の伸びで、
年内に1700万円到達しました

ダルク
ダルク

2021年で600万増えました
個人的には上出来すぎます

分配金の推移

さて、最終目標がサイドFIREなので、
最終的にはインカムゲインが重要になります

私の投資戦略は、
インデックスと高配当のハイブリットなのですが、
今は資産総額3000万円を目標にしているため、
インデックスメインで積み立てており、
分配金の目標は定めていません

ダルク
ダルク

分配金ベースの目標ではなく、
あくまで目標金額をベースにしています

これは、インカムゲインを追求しすぎて、
投資元本を毀損するのを防ぐためです

用目標金額に近づくにつれ、
インカムの比率を上げていくつもりですが、
先月から現時点での分配金も把握していくことにしています

現在の年間分配金は、
242,060円です

2021年の分配金利回り推移
ダルク
ダルク

コチラも年内に月2万達成です

やっぱりインカムが増えるのは、
精神的に嬉しいですね(*´▽`*)

ちなみに2021年の資産運用の総決算は、
下記の記事で詳細を解説しています

今後の投資方針まとめ :サイドFIREへ向けて

最後の今後の投資方針です

  • 引き続きVTIをコアとして、定期積み立てをしていく
  • VYMもサブとして積極的に買い付けていく
  • 債券ETF(TLT)などにも分散し暴落に備える

2021年はキャッシュポジションを大きく下げて、
株式の成長の恩恵を受けることができました

ですが記事の中でも述べましたが、
2022年は大きな暴落が来る可能性は高いと予想しています
(外れてほしいものですがw)

今後もVTIとVYMを定期買い付けしつつも、
キャッシュと債券にアセットを分散しつつ、
暴落に備えていきたいと思います

ダルク
ダルク

株を売ったり、買い付けを止めたりはしません
じわじわアセットアロケーションを進めます

ではまた(/・ω・)/

クリック応援励みになります↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらもお願いします


人気ブログランキング

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました